運わるぅ.com

劇的に人生を変える、運が悪い人の為の応援ブログ

引き寄せの法則 嫌いな人を消すイメージングの極意

嫌いな人を目の前から消すイメージングの極意

もう我慢の限界!嫌いな人を目の前から消したい!

世の中には、嫌いな人が一人や二人はいるものですね。

特に運の悪い人というのは、身の回りに苦手な人がたくさんいるのではないでしょうか。

毎日職場で働いていれば、色んな理不尽なことに遭遇します。

上司に怒られたり、

サービス残業させられたり、

人よりも多く仕事しているのに同僚よりも給料が安かったり、

仕事のできない同僚が昇進したり、

真面目に働いているのに自分だけ怒られたり、

いつもクレーム処理させられたり、

雑用ばっかりさせられたり。

毎日働いていると、本当に色んな理不尽な事がありますね。

その中でも特に、深刻な問題なのは「人間関係」ですね。

人間関係が不満で、仕事を辞めたくなってしまう人も多いです。

仕事以外でも、ご近所の騒音や嫌がらせなどの問題がありますね。

世の中には、本当に理不尽な人も多いので、人間関係で悩むのも当然です。

職場で嫌な人がいれば、ひたすら我慢するか退職するか、もしくは相手の人が退職するのを待つか、といった選択肢があります。

きっとほとんどの人は、ひたすら我慢して、我慢し切れなくなったら退職という道を選んでいくのではないでしょうか。

もし「嫌いな人を目の前から消す方法」がこの世に存在しているとしたら?

ぜひとも、その方法を知りたいところですよね。

このブログでも「嫌いな人を目の前から消す方法」という記事を公開しています。(興味のある人は「人間関係の悩みにピリオド 嫌いな人を目の前から消す方法」を参照して下さい。)

上記の記事では、「嫌いな人を好きになる」ことで、嫌いな人が目の前から消えるというお話をしています。

そして、嫌いな人の長所を見つけて相手を好きになるよう努力することで、奇跡が起きるという話をしています。

しかし、気の弱い人でも、嫌いな人と接触することなく、「嫌いな人を目の前から消す方法」があります。

イメージングには二面性がある

気の弱い人や人間関係が苦手な人にとっては、どうしても相手と接触したり会話したりするのは避けたいところですね。

しかし、「嫌いな人を目の前から消す」という願望は叶えたいですね。

イメージングには大きな力があります。

それは、とても強大で人生を簡単に変えてしまうほどの力を秘めています。

ですから、イメージングが上手くできるようになれば、人生も飛躍的に良くなっていく可能性が高いです。

ただし、イメージングには、二面性があり、必ずしも良いことばかりが起こるとは限りません。

「ゼロの法則」では、あまり「イメージング」を勧めていません。(ゼロの法則については、『運が悪い原因を解明!意識的に運を発生させる「ゼロの法則」とは?』を参照して下さい)

その理由は簡単です。

多くの人が「欲」を意識したイメージングをしてしまうからです。

イメージングについての二面性は、

強力に悪い事を引き寄せることも可能ですし、

逆に強力に良い事を引き寄せることも可能です。

しかし、ほとんどの人は、悪い事を引き寄せるイメージングをしています。

だから、「ゼロの法則」ではイメージングを勧めてはいないのです。

しかし、イメージングの力というのは、別な場面で活用すれば、とんでもない効果を発揮することができるのです。

このイメージングの力を使わない手はないですね。

人間関係で苦しんできた人達にとっては、朗報です。

ぜひ、正しいイメージングの方法をマスターして、運の悪い人生から脱却して明るい未来を勝ち取って下さい。

引き寄せの法則とは?イメージングとは?

楽な道を選んでも、望むものは引き寄せられない

「嫌いな人を目の前から消す」という方法を説明する前に、まずは引き寄せの法則イメージングについて簡単に説明していきましょう。

願望実現といえば、イメージングだと思っている人は多いです。

最近では、「引き寄せの法則」が人気ですね。

引き寄せの法則では、自身の心地よさにスポットを当てます。

心地良さにも色々と種類があります。(興味のある人は『本当の心地よさとは?引き寄せの法則の謎を解く』を参照して下さい。)

ですから、「引き寄せの法則」は、イメージングがメインではありません。

あくまでも、心地良い気分に持っていくことが目的なので、イメージングというのはそれを補う為のようなものです。

心地良い気分を持続させる為には、つねに心地よい気分でいられる選択をすることが望まれます。

「引き寄せの法則」でも、そうすることで、望んでいるものを引き寄せることができると教えています。

しかし、世の中というのは、そんなに甘いもんじゃありません。

きっと、ほとんどの人は経験していることでしょう。

心地良い選択というのは、

楽な道と

苦しい道

があるとしたら、ほとんどの人は楽な道を選びます。

残念ながら、楽な道には、あなたが望んでいるものはありません。

これが真実です。

ですから、いつも心地よい気分でいられるというのは、本当のところ無理なのです。

東大に入る為にも、遊びを我慢して一生懸命勉強しなければなりません。

仕事で成果を残すにも、一生懸命頑張らなければなりません。

時には、お客様に罵倒されながらも、我慢して働くうちに周りから評価されたりして、結果を残すことができるようになるのです。

楽な道と険しい道、あなたらどちらを選ぶ?

もし目の前に、

楽な道

険しい道

があるとしたら、あなたはどちらを選びますか?

大きな願望を叶えたいあなたにとって、どちらを選ぶのが正解なのでしょうか。

正解は「険しい道」ですね。

しかし、「引き寄せの法則」的には、心地良い気分でいることを重要視しているので、険しい道を選んで不快な気分にならないよう、楽な道を勧めることでしょう。

心地良い気分と楽な事というのは、混同してしまいがちです。

その為、「引き寄せの法則」を実践しても、願望が叶わないと嘆いている人がたくさんいることも確かです。

心地良い気分を味わうということでは、イメージングも全く同じですね。

イメージングというのは、自身の願望を明確化して、自分のなりたい将来を鮮明に描くのが基本ですね。

イメージングでも同じように、なりたい自分(心地良さ)を意識します。

しかし、引き寄せの法則にしてもイメージングにしても、心地良さを味わえば、心地良い現実を引き寄せるというような単純なものではありません。

世の中そんなに単純ではないのですね。

「引き寄せの法則」というのは、楽な道→怠慢

「イメージング」というのは、願望を明確化→

怠慢も欲も、マイナス感情の一部になるので、残念ながら願望が叶えられることはありません。(欲がマイナス感情の一部であるという考え方は『人間関係の悩みにピリオド 嫌いな人を目の前から消す方法』を参照して下さい)

このようにして、一般的なイメージングというのは、マイナス感情を抱く一因にもなるので、イメージングをすればするほど、運気が停滞するということもあり得ます。

嫌いな人との接触は必要ない

イメージングというのは、使い方さえ間違えなければ、これほど効果のあるものはありません。

しかし、前にも言ったように、ほとんどの人は、「欲」を刺激したイメージングをしてしまう為、なかなか思うような結果を得ることができません。

「欲」を刺激したイメージングは、マイナス感情が伴うのでダメだと書きました。

例えば、

車が欲しい、

素敵な恋人が欲しい

出世したい、

こういったイメージングは、全て自我を刺激するので、必ずマイナスの作用をもたらすことになります。

逆に、自我ではなく、他者を意識したイメージングは、必ず良い結果をもたらす事になります。

理由は、欲を刺激していないからです。

ですから、イメージングの力だけでも、「嫌いな人を消す」という事は可能なのです。

イメージングだけの力であれば、相手と接触する機会があっても気を使う必要はありません。

特に気の弱い人、

相手の事が嫌いで嫌いで顔も見たくない人

人と会話するのが苦手な人

という人の場合、この「イメージング」という手法を使うことによって、嫌いな人を目の前から消すことが可能です。

これであれば、嫌いな相手に対して、無理やり挨拶をしたり話しかけたりしなくてもいいのでから、精神的にはとても楽なはずです。

イメージングだけで嫌いな人を消すことができる

この世の中には、本当に理不尽な人もいるので、そういった人に対して何も声を上げることができないのは、とても不愉快ですね。

立場上どうしても、相手のいいなりにならなければならない人にとっては、嫌いな人に対する対処の方法を知りたいところです。

相手を避けたり、

相手の不満を誰かに言ったり

相手の間違いを指摘したり、

そういう事をしても、なかなか改善しないのがこの世の中です。

だからと言って悲観することはありません。

「嫌いな人を好きになる」というレベルまでいかなくても、嫌いな人を消す事は十分に可能です。

「嫌いな人を好きになる」

そして、

「嫌いな人に積極的に近づく」

そうする事で、相手との関係が徐々に縮まってきます。

相手だって、こちら側が好意を示せば、悪い気持ちにはなりません。

逆に、相手が「申し訳ない気持ち」になることだってあり得ます。

あなたに対して不愉快な言動をとってきたことを、反省するっていうこともあり得ます。

しかし、相手を好きになり積極的に近づいていくのは、とてもハードルが高いという人はいますね。

そういう人はとことん「イメージング」を活用してみるといいです。

ただし、上記のように「嫌いな人を好きになる」という方法より、多少の時間がかかるのは事実です。

時間はかかったとしても、相手との接触はないですし、相手の事を好きになる必要はないのですから、とても楽ですね。

自然な感情のままでいい

イメージングというのは、とても楽ですね。

頭の中だけで想像して、それが現実となるのですから、これほど楽しいことはないかもしれません。

ただし、何事もそうですが、願望を叶えるには、それなりの苦労や試練が必要となってきます。

その苦労や試練を乗り越えた時、幸運の女神は微笑んでくれます。

イメージングのみの力で、「嫌いな人を消す」ことは、本当に可能なのでしょうか。

答えは「YES」です。

しかも、イメージングをしている以外の時間は、普通で構いません。

例えば、夜寝る前にイメージングをしたとします。

朝起きた時は、普通の精神状態で構わないということです。

「普通の精神状態」というのは、嫌いな人に対していつも通りの気持ちでいて良いということです。

夜寝る前に頑張ってイメージングをしたからといって、すぐに嫌いな相手に対して、好意を持つことができるのかというと、そんなに簡単ではありません。

やはり時間もかかります。

ですから、仮に夜寝る前にイメージングをしたとしても、翌日は普通に相手と接触してもいいという事です。

嫌なことがあれば、「嫌だな」と思い、

相手の態度にムカついたら、「怒り」の感情を持ち、

そういった、ごくごく自然の対応でいいという事です。

これなら、あなたにもできるような気がしませんか?

無理して感情の変換をしないからこそ、「相手を好きになる」という思考よりも、時間がかかってしまうのです。

寝る直前のイメージングでOK

イメージングにおいては、その効果を思う存分に発揮できる方法があります。

それが、他者との結びつきです。

自身の欲だけのイメージングでは、あまり効果はありませんが、他者との結びつきがある場合は別です。

だからこそ、「嫌いな人を消す」ということが、イメージングだけの力でできてしまうのです。

イメージングのやり方は、とっても簡単です。

イメージングをやった事がある人なら、きっと楽にできることでしょう。

まずは、寝る直前にイメージングをするのがコツです。

ですから、布団の中に入ってやる方がいいかもしれません。

ただし、布団の中に入ると、すぐに眠りについてしまう人は、布団の中に入る前に数分間だけイメージングをするといいです。

布団の中でも、布団の中に入る直前でも、どちらでも構いません。

布団の中に入ったら、

「〇〇さん大好き」とか

「○○さんはとても優しい人」とか

そういう言葉を心の中で言ってみるといいです。

ここでまずは、心の中で摩擦が生じますね。

本当は、「〇〇さんの事が大嫌い」なのに、嘘をついて「〇〇さん大好き」という具合に真逆のことを思います。

心の中で嘘をついていることになるので、感情が動くことはないかもしれません。

もしかしたら、心の中で拒否反応が出てしまうこともあるかもしれません。

さて、次に「〇〇さん」の良い所をイメージするようにします。

ここが一番肝心です。

人間というのは、一度嫌いになると、その人の悪い面しか見なくなるようになります。

最初は仲が良かったけど、いつの間にか険悪な間柄になった。

という事はよくあることです。

どんなに嫌いな人でも、必ず良い所もあります。

今まで見なかった面を見るようにすることで、感情が変換されて、「怒り」や「憎しみ」といった感情は、寝る直前だけでも薄れるようになります。

葛藤こそが、エネルギー(運)を生み出す

前回こんな事を書きましたね。

『布団の中に入ったら、
「〇〇さん大好き」とか
「○○さんはとても優しい人」
とか

そういう言葉を心の中で言ってみるといいです。
ここでまずは、心の中で摩擦が生じますね。』

あなたの心の中で大きな葛藤が生じるはずです。

それでいいのです。

葛藤こそが、エネルギー(運)を生み出す元となります。

ですから、その葛藤を感じた後に、思考を変換するからこそ、奇跡が起きてしまうのです。
しかし、「嫌いな人」に対して、そうそう簡単には思考を変えていくことはできないかもしれません。

そんな時は、こう考えればいいのです。

「あいつが消えるなら、頑張ってみよう!」とか

「あんなひどい奴を許すんだから、願望の一つや二つ叶って当たり前かも!」とか

そう考え方時、どんな感情になりますか?
ワクワクしてきませんでしたか?

楽しくなってきませんでしたか?

そうなればしめたもんです。

心の中にある葛藤を変換させることができるはずです。

苦しみながらイメージングをしても続かないし、ストレスだけを溜め込んでしまうことになるので、何のためのイメージングかわからなくなってしまいますね。

「嫌いな相手がいなくなる」と思えば、ワクワクして楽しんでイメージングができると思いませんか?

ですから、最初に葛藤を感じて、不愉快な気分になるのは、とても意味のあることなのです。

人間は感情をコントロールすることができる

人間の意識というのは、どうしても一方向に傾いてしまいがちになります。

嫌いな人に対しても、一度嫌いになってしまうと、その気持ちを変換させていくのは、至難の業となります。

逆のパターンもあります。

好きな恋人ができた場合、「好きという気持ち」に意識が向かいすぎて、恋人の「嫌いな面」に意識が向かなくなります。

冷静な気持ちにもっていくのは、とても難しいことです。

しかし、人間というのは賢い生きものですから、感情をコントロールすることができるようになっています。

一旦熱く(プラス)なった気持ちを、「冷ます(マイナス)」ことで、必ずエネルギー(運)が発生します。

人間の生活でも同じです。

部屋の中が熱く(プラス)なったら、エアコンで部屋の中を「冷やす(マイナス)」ことで、快適に過ごすことができます。

この「快適に過ごす」ということが、エネルギー(運)が発生したことになるのです。

人間関係でも全く同じです。

嫌いな人に対して、嫌いな面ばかり見てきたのを、一度相手の「良い面」に意識することで、必ずエネルギー(運)が発生することになります。

エネルギー(運)が発生することで、あなたは「快適に過ごす」ことができるようになるのです。

あなたにとって「快適に過ごす」ということは、どういう現実を指しているのでしょうか。

そこには、悩みも不安もない、とても落ち着いた自分がいるのではないでしょうか。

「嫌いな人が目の前からいなくなる」という現実こそが、「快適に過ごす」ことになるのではないでしょうか。

本当の心地良さを手に入れると、願望は叶う

他者を肯定的に捉えている時、心地良い気分になる

イメージングの力を少しは理解できたでしょうか。

普通は、

高級車に乗っているところをイメージしたり、

豪邸に住んでお金持ちになっているところをイメージしたり、

理想の恋人とデートしているところをイメージしたり、

職場で出世したところをイメージしたり、

試験に合格したところをイメージしたり、

というものが多いですね。

全ては、自身の欲に絡んだイメージングになりますね。

しかし、他者を肯定的に捉えていくイメージングというのは、潜在意識の奥深い部分を刺激することができます。

実は、他者を肯定的に捉えているというイメージングは、自身を肯定的に捉えているイメージングにも繋がることになります。

何故なら、他者と自分というのは、潜在意識の奥深い部分では繋がっているからです。

ですから、他者を刺激するというのは、願望実現においては、とても大事なことになるのです。

他者を肯定的に捉えているその瞬間、あなたの精神状態はどんな感じになりましたか?

「心地よい気持ち」になりませんでしたか?

他人に対する怒りをマグマのように心の中に閉じ込めている状態というのは、「心地良い気持ち」とはかけ離れています。

あなたが住んでいる部屋の中というのは、外の温度に左右されますね。

太陽がサンサンと照っている真夏には、当然のことながら部屋の中も暑くなります。

心の中も同じです。

「怒り」や「恨み」や「憎しみ」などの感情を普段は隠しているつもりでも、それは時間の経過とともに無意識に入り込んでしまいます。

マイナスを取り除くことで、願望は次々と叶う

「嫌いな人を目の前から消したい」というのは、あなたのりっぱな願望になります。

その願望を叶えるには、引き寄せの法則的には「心地良い気分」を持続させなければなりませんね。

表面的に心地よい気分を装ったとしても、それは真夏の部屋の中で一時的に、冷たいタオルで体を冷やしているような感じかもしれません。

一時療法的なことをしても、ほとんど効果はありませんし、無駄なエネルギーを使うことになってしまいます。

ですから、「心地良い気分」というのは、潜在意識の奥深い部分に入り込ませることが、とても重要なことなのです。

そうすると、元となる太陽の部分を冷やしていることになるので、あなたは部屋の中にいても、全く暑くはなく、心地良い気分を持続させることができてしまのです。

引き寄せの法則のように、負(マイナス)の面に意識しないで、心地良いところばかり選択してしまうと、本当の心地良さというのは、一生手に入れることができません。

「大嫌いな人」が一人いるだけでも、マイナス感情は潜在意識の中にずっと、張り付いていることになってしまうのです。

仮に「嫌いな人」を意識しないようにして、忘れる努力をしたり無視したりしたとしても、実際にはその「嫌いな人」を意識している裏返しでもあるのです。

もし、道端に犬のフンがあったら、どうしますか?

それを見ないようにすれば、「心地良さ」を得ることはできますね。

でも、翌日も同じ道を通る時、犬のフンに一瞬意識して、不愉快な気もちになってしまいますね。

本当の心地良さというのは、犬のフンを見て見ぬ振りするのではなく、それを「取り除く」ことが最高の「心地良さ」を得ることができるのです。

その勇気があってこそ、あなたの心の底から叶えたい願望である、

「嫌いな人を目の前から消す」ということができてしまうのです。

それができれば、次々とあなたの願望は叶うことでしょう。

健闘をお祈りいたします。

最後まで、お読み頂き有難うございます。

Pocket

今すぐ人生を変えたいあなたへ!

他人との比較が劣等感を生み出す

人生変えたいなら、アドバイス東京の記事がお勧めです!

      2018/11/07

 - 引き寄せの法則