運わるぅ.com

劇的に人生を変える、運が悪い人の為の応援ブログ

幸せは長く続かない 引き寄せの法則の真実に迫る

つねに心地よい気分でいると、痛い目に合う事も

良い事が起きた時に、良い気分に浸ってはいけない

引き寄せの法則は、今でもとても人気がありますね。

引き寄せの法則の素晴らしさは、何といっても“感情”にスポットを当てているところだと思います。

だからこそ、きちんと感情をコントロールできた人は、たくさんの願望を実現しているのでしょう。

“感情”

を表舞台に引っ張り出してきた功績はとても大きいと思います。

今までみたく、「イメージング」さえすれば願望が叶うといった、一辺倒な考えではありません。

「感情」「願望実現」を結びつけることができたのは、本当に素晴らしいことだと思います。

ただし、「引き寄せの法則」においては、いくつかの間違いがあります。

「引き寄せの法則」では、マイナス思考だと願望が叶う事はないという教えです。

でも、実際にはマイナス思考でも願望は叶います。(興味のある人は、「引き寄せの法則はウソ?マイナス思考でも願は叶う」を参照してください)

「引き寄せの法則」には、それ以外にも大きな間違いがあります。

それは、「良いことが起きた時の対処法」です。

「引き寄せの法則」を実践して、「心地よい感情」を保つことに成功したら、見事願望実現になりますね。

願望が実現したり、ラッキーな事が起こったり、運が良くなったりした時に「引き寄せの法則」では、その時に感じた喜びを思いっきり味わいなさいという教えです。

良い事が起きた時に、良い気分でいることを勧めています。

嬉しさや喜びの気分に浸ることで、さらに良い事を引き寄せるということを「引き寄せの法則」では教えていますね。

しかし、残念ながらこれは真実ではありません。

ドタキャンの多い人は「引き寄せの法則」を過信している?

「引き寄せの法則」では、「つねに心地よい気分でいる」ことを勧めています。

しかし、この世の中には、タイミングという言葉や“適材適所”という言葉があります。

例えば、家の中が寒い時(マイナス)には、暖房(プラス)を使うのが、効果的です。

また、暑い時(プラス)には、冷房(マイナス)を使うのが、一番効果的です。

「つねに心地よい気分でいる」というのは、とても良い発想ですが、状況に応じて変化させなければならないのです。

それがこの世の中を賢く生き残っていく術なのです。

ですから、“ある状況”では「つねに心地よい気分」に浸っていてはダメなのです。

そのある状況というのが、「プラスの出来事が起きた時」です。

「プラスの出来事が起きた時」には、「心地よい気分」ではなく、「冷めた(クールな)気分」でいることが正解なのです。

決して喜んではいけないのです。

これについては、自然界の法則ですので、間違いはありません。(興味のある人は「運が悪い原因を解明!意識的に運を発生させる「ゼロの法則」とは?」を参照して下さい)

「引き寄せの法則」を実践していて、きっと多くの方が経験していることでしょう。

「良い事が起きたのに、長く続かない」とか

「ラッキーな事が起こった後に、すぐに悪いことが起こる」とか

「せっかくデートに誘われたのに、ドタキャンされた」とか

「願いが叶った後に交通事故を起こした」とか、

それらは全て、良い事が起きた時に、「良い気分に浸り過ぎる」ことが原因の場合が多いです。

人間ですから、良い事が起きた時に、喜ぶのは自然なことです。

ですから、喜ぶのは悪い事ではありません。

ただし、度を越して喜びすぎると、必ず運が離れていくことになります。

幸せが長続きしない人に共通している事とは?

「引き寄せの法則」は何かが違うような気がする

せっかく手に入れた幸福。

しかし、それを手放してしまう人も多いですね。

「引き寄せの法則」では、「良いことが起きた時」には、良い気分でいることを勧めています。

残念ながらそれをやってしまうと、せっかく手に入れた幸福は、知らない間にどこかへ飛んでいってしまいます。

たぶん多くの方が、それを経験していることでしょう。

ですから、「良いことが起きた時」には、必要以上に喜ばないことが、その幸福を長続きさせるコツとなります。

せっかく手に入れた願望なのですから、絶対に手放したくないですよね。

理想の恋人ができた、

出世できた、

お金持になれた、

マイホームを手に入れた、

せっかく願望が叶っても、それらのモノを手放してしまう人は後を絶ちません。

何故でしょう?

例えば、ビジネスで成功した例でお話しましょう。

ビジネスで成功した場合、「引き寄せの法則」的に言うならば、成功した気分にずっと浸ることで、さらに成功を引き寄せるというものですね。

本当にそうでしょうか?

あなたは、何かが間違っていると思いませんか?

理由はわからないけど、何かが違うような気がする。

その「何かが違うような気がする」というのは、当たっているのです。

しかし、この部分に関して、それが間違いであることを明確に指摘している人がいない為、その考え方が正しいと誰もが思い込んでいます。

ビジネスで成功した場合、一番の敵は慢心

「引き寄せ法則」は、すでにかなり浸透しているので、「あれ?何かがおかしいぞ」と感づいている人も少なくはありません。

一番いいのは、実験してみることです。

「良いことが起きた時」に、これでもかというくらいに「良い気分」に浸ってみるとわかるはずです。

その結果、せっかくあなたの所に訪れた幸せが、音もなく去っていくという残念な経験をすることになるでしょう。

ビジネスで成功した場合、良い気分に浸っていると、どうなるでしょうか?

慢心してしまう人もいるでしょうし、

気が緩んでしまう人もいるでしょうし、

経費もどんぶり勘定になるでしょうし、

将来を約束されたような気分になるでしょうし、

何をやっても上手くいく錯覚に陥るでしょうし、

このようにして、良い気分にばかりに浸っていると、気持ちが緩み緊張感が欠けてきます。

そうなると、いつの間にか、ライバル社に追い抜かれたり、他社でもっと良い商品が出たりすることで、転落してしまうことが多いです。

これについては、成功した後に、転落していく人が多いことからも、頷けることでしょう。

しかし、ビジネスで成功したにも関わらず、

気を引き締めたり、

クールな気分でいたり、

将来を楽観視しなかったり、

そのような気分でいると、その人はさらに努力を惜しむことなく頑張ることでしょう。

結果、その成功を長続きさせることができるようになるのです。

勝負事というのは、一瞬の気の緩みが勝敗を分けることがたくさんあります。

ビジネスで成功した場合や、願望が叶った場合も全く同じです。

願望が叶った場合も、そこで自身の成長を止めてしまったら、その願望というのは、知らない間にあなたの元から消え去っていることでしょう。

「良い気分」に浸るというのは、とても良いことですが、「良いことが起きた時」には、控えるのが鉄則なのです。

幸福が長続きしないという人に共通しているのは、すぐに「慢心」してしまうからです。

運が悪い人は、余韻に浸ることが多い

イチロー選手は良い事が起きても、余韻には浸らない

「つねに心地よい気分でいる」

それができれば、欲しい物は全て手に入れられるというのが、「引き寄せの法則」の教えですね。

そして、「良い事が起きた時」にも、「良い気分」に浸ることで、さらに幸せは継続されていくという考え方です。

しかし、世の中で超一流と言われているアスリートは皆、一様に淡々としています。

本当に、冷徹なほど淡々としていてクールです。

例えば、大リーグで長年にわたって活躍しているイチロー選手は、ヒットを打っても、ガッツポーズをするわけでもなく、喜ぶ表情を見せるわけでもなく、いつも淡々とした表情で塁上に立っています。

「引き寄せの法則」的には、ここで満面の笑みを浮かべて喜ぶことで、さらに良い成績を出すことができるというものですね。

しかし、イチロー選手は全くその逆です。

淡々としています。

イチロー選手が4打数4安打2ホームランの試合後のインタビューでこう答えたことがあります。

「こういう結果の時に余韻に浸るとロクなことがありません。」

とキッパリ言っています。(興味のある人は「イチローの名言を読み解く 強運になる為の方法」を参照して下さい)

「良い事(プラス)が起こった時」に「その余韻(プラス)」に浸ることで、運が逃げていくことをイチロー選手は知っているのです。

ですから、イチロー選手は「良い事(プラス)が起こった時」には、「冷静(マイナス)な態度」を貫いているのだと思います。

さすがに超一流の選手は違いますね。

ですから、イチロー選手の思考というのは、「引き寄せ法則」とは逆のことをすることで、いつまでも成功を持続させているのです。

この事からもわかるように、「引き寄せの法則」には、真実ではない事も書かれているので、全てを信じるのは、危険であると言えます。

プラスとプラスが合わさると、運が離れていく

「心地よい気分でいる」

というのは、とても良いことです。

「心地よい気分でいる」ことを否定しているわけではありませんので、勘違いしないで下さいね。

あくまでも、「良い事(プラス)が起きた時」には、「心地よい(プラス)気分」になってはいけないということですね。
(プラスとプラスの同極同士がぶつかると、運が離れていってしまいます。「運が悪い原因を解明!意識的に運を発生させる「ゼロの法則」とは?」を参照)

「良い事(プラス)が起きた時」には、イチロー選手のように「クール(マイナス)な姿勢」でいることが、次の幸運を引き寄せる元となるのです。

ですから、「良い事が起きた時」に、「余韻に浸る」ことが多い人は、運が悪い人に多いのです。

ビックリですね!!

「引き寄せの法則」を信じて、「余韻に浸る」ことが正しいと思っていた人にとっては、驚きの事実なのではないでしょうか。

しかし、この記事を読んだあなたは、もう二度と同じ過ちはしないはずです。

正しい知識を得たのですから、次からは「幸せを長続き」させることができるはずです。

「願望を叶える」ことと

「その願望を継続させる」こと、

この二つができてこそ、完璧なのです。

「願望を叶える」ことに関しては、「引き寄せの法則」のように「心地よい気分」をずっと保ことが正解だと思います。

しかし、「その願望を継続」させることに関しては、残念ながら間違った知識を教えています。

「引き寄せの法則」の真実についてお話しましたが、信じるも信じないもあなた次第です。

色々なことを経験し、挫折したり手に入れた幸せを手放したりすることで、本当の真実を見つけることができることでしょう。

その手助けになれば幸いです。

最後までお読み頂き、有難うございます。

Pocket

今すぐ人生を変えたいあなたへ!

「開運の奥義」の記事が読み放題 ネット会員募集中!

このブログは開運アドバイス、人生相談のアドバイス東京が運営しています

      2017/07/11

 - 引き寄せの法則