運わるぅ.com

劇的に人生を変える、運が悪い人の為の応援ブログ

心が癒される話・2 天からのメッセージ 12/26UP

心が癒される話 天からのメッセージ

サンタクロースの物語・2 12/16UP

1話.サンタクロースとの再会

「あれっ、こんなところにサンタクロースが寝てる。ねえ、サンタさん起きてよ。」

「ふぁ~、眠たい。」

「サンタさん、久しぶりだね!」

「あれ、君は、スニーカーをあげた少年だよね。」

「そうだよ、よく覚えてくれたね。嬉しいなぁ。サンタさんのこと好き!!」

「僕も君のことが好きだよ。」

「でも、どうしてサンタさんは、こんなところで寝てたの?」

「いや~、ちょっとうとうとしてしまってね。」

「寝不足なの?」

「うん、夜アルバイトしているからね。だから、昼間は眠たいんだ。」

「じゃあ、サンタさん、うちで寝ていきなよ。こんなところて寝てたら、寒くて風邪をひいちゃうよ。」

「そうだね、でも、人の家で寝ているところを見られたら、神様に怒られちゃうからね。」

神様って、怖いの?」

「怖くはないよ。神様はとても優しい人さ。」

「じゃあ、ボクの家で休んでいきなよ。ついでに、ご飯も食べていくといいよ。」

「でも、もうそろそろ日が暮れるだろ。プレゼントを届けに行かなくちゃ。」

「ボクも手伝っていい?」

「もう遅いから、お母さんが心配しているよ。」

「でも、サンタさんと一緒にいたいな~。」

「じゃあ、今日は忙しいから、明日僕と一緒に遊ぼう。」

「本当?嬉しいな~!!」

「明日のお昼にまたここで会おう。」

「わかった。じゃあね、サンタさん。」

幸せがドンドン舞い込む超簡単プラス思考(開運の奥義の記事)

2話.宇宙の果てまで旅行する? 12/17UP

「ふぁ~、眠い・・・。」

「おい、サンタ!こんな所で何やってんだよ!」

「人と待ち合わせをしていてね。」

「サンタクロースが人と待ち合わせだと?サンタクロースは皆にプレゼントを配るのが仕事なんじゃないのか。」

「まぁ、そうですけどね。」

「じゃあ、俺にプレゼントをよこせよ!」

「いやぁ、今日は子供のプレゼントしか持ってきてないから。」

「何だと~、大人には何もくれないっていうのか!」

「当たり前じゃないですか・・・、子供たちは皆、サンタクロースのプレゼントを楽しみにしているんだから。」

「俺だって、サンタクロースのプレゼントだったら、欲しいけどな。」

「わかりました。お菓子でいいですか?」

「お菓子でいいよ。今お腹空いてるからな。」

「じゃあ、チーズ味チョコレート味・・・どれがいいですか。」

チーズ味チョコレート味クリスマスだから、ショートケーキかな?(お腹が空いてるから丁度良かった!)」

「そうそう、コーンポタージュ味めんたい味たこやき味もありますよ。」

コーンポタージュ味めんたい味たこやき味?(随分と変わっているケーキだな・・・。)まぁ、いいや、チーズ味を貰おうか。」

「はい、わかりました。じゃあ、これをどうぞ。」

「なんだよ、うまか棒じゃねえかよ!!」

「そうですよ、子供が喜ぶお菓子を持ってきてますからね。」

「ふざけんな、ちくしょ~!!」

~~~~~

「あっ、サンタさんだね。遅れてごめんなさい。」

「待っていたよ。さぁ、何処に行こうかな?」

「サンタさんと一緒なら、どこでもいいよ。」

「好きな所に連れて行ってあげるから、遠慮しないでいいよ。」

「本当に?」

「あぁ、何なら宇宙の果てまで、案内してあげるよ。」

「わぁ、本当なの?それは、凄いや!!!」

人生が楽になる  ほんとうの癒し 宇宙の真理とこの世のしくみについて [ 上江洲義秀 ]

3話.サンタさんは10万光年離れた星からやってきた? 12/18UP

「ねぇ、サンタさんの家に遊びに行ってもいい?」

「僕の家に来るのかい?」

「うん、だってサンタさんが住んでる星に行ってみたいんだもん。」

「地球から10万光年離れているけどね。」

10万光年!!?」

「そうだよ。」

「10万光年って、どういう事なの?」

「光が1年かかって進む距離を1光年と言うんだよ。」

「じゃあ、光と同じ速度で進んだとしても、10万年かかるっていう事なの?」

「まぁ、数字上はそういうことになるね。でもね・・・。」

「でも?」

「向こうの星では、空間移動ができる乗り物があるんだ。」

「空間移動?」

「そうだよ。そこの木陰に隠してあるから、それに乗っていこう。」

「へぇ~、宇宙船ってこんな風になってるんだね。でも、小っちゃいね。」

「そうだね、一人乗り用だからね。」

「一人乗り用だったら、僕が乗っても大丈夫なの?」

「子供が一人乗るくらいなら大丈夫さ。」

「さあ、じゃあ行くよ。ピッポッパッ。」

「何してるの?」

「僕の家の住所を入力したのさ。こうすれば、自動的に目的地に着くからね。」

「へぇ~、凄いんだね。あっ、動いた!」

「揺れるから、ちょっとつかまっててよ。」

「うん。」

「ガタガタガタガタ・・・、キィーーーーン。」

人生の癒し新版 すべてうまくいく (超☆ぴかぴか文庫) [ 越智啓子 ]

4話.サンタクロースはお金持ち? 12/19UP

「はい、着いたよ。」

「は、早い。もう着いたの?ここがサンタさんの家なの?」

「そうだよ。ちょっと狭いけど、一人で暮らすには十分だからね。」

「へぇ~、日本の家と変わらないんだね。」

「そうだね~。でも実際には、日本の家より、もっと小さいよ。」

「ねぇ、窓の外、見てもいい?」

「いいよ。」

「うわぁ、綺麗な海だね。海の近くに家があっていいな~。」

「ここは、別荘地だからね。」

「別荘?」

「そうだよ。この星に住む人は皆、普通に暮らす家の他に、好きなところに別荘を持っているからね。」

サンタさんは、失業中なのに、お金持ちなんだね。」

「そんなことはないさ。でもこの星に住む人達は皆、生活に困っている人は誰もいないと思うよ。全てが揃っているんだ。」

「僕の家とは大違いだね。」

「この星は資源が豊富だからね。他の星にその資源を売って儲けているのさ。地球で言えば、アラブのオイルマネーみたいなもんかな。」

「皆、お金持ちなんだね。」

「皆、働く必要はないんだ。ほとんどの人は運動の為に、ボランティアで働いているよ。争い事もないし、ケンカもないし、全てが満たされている星なんだ。」

「へぇ~、まるで天国みたいだな。」

「だからこうやって、貧しい星に来て、プレゼントをあげる為に来たんだよ。サンタの役は、当番制になっているんだ。でも僕は今、失業中だから、当番制に関係なく、やらせてもらっているんだ。そうだ、これから街に出かけようか。」

「どんな街なんだろう?宇宙人って、怖いのかな。」

「ここの星の人は、皆親切でいい人しかいないよ。」

5話.サンタクロースの星は、小人の集まり? 12/20UP

「ここが街なの?皆、小人みたいで、小さいね。なんか僕、ゴジラになった気分。」

「そうだね、ちょっと待ってよ。この星のサイズに合わせないとね。」

「何をするの?」

「君の体を小さくするのさ。」

「僕の体を小さくしたり、大きくしたりできるの?」

「あぁ、できるとも。じゃあ、ちょっと光を当てるから、そのままジッとしていてね。」

「うん。あぁ~~~、だんだん小さくなっていく~。」

「さあ、この街にピッタリのサイズになったね。」

「どうして、この星の人は皆、小さいの?」

「小さい方が、効率的だろ。それに、食料も住むところも、お金がかからなくて経済的だしね。」

「へぇ~、なるほどね。」

「どうだい、この星の街は?」

「皆笑顔でイキイキしているね。本当、なんだか楽園って感じがする。僕もここに引っ越ししてこようかな。食べ物にも困らないし、働かなくても生活できるんだから、羨ましいよね~。僕なんか、毎日勉強だもん。」

「でも、地球には地球のいいところがあるだろう。いっぱい勉強して苦労したら、その分喜びも倍増するからね。」

「あれっ、目の前の人が消えたよ!」

「たぶん、家に帰ったんじゃないかな」

「でも、消えたよ!!」

「この星には仮想道路があるからね。」

「仮想道路?」

「そうさ、目には見えないけど、自宅から街や森や海に行く道路が作られているんだ。」

「へぇ、やっぱりサンタさんの星は凄いな~。」

6話.サンタクロース地球に戻る 12/21UP

「やあ、何をやってるんだ。」

「今、地球の子供を街に案内しているのさ。」

「そうかぁ。でも、他の星から子供を連れて来ない方がいいぞ。誘拐犯で捕まってしまうかもしれないからな。」

「脅かさないでくださいよ。一通り見物したら、向こうの星に帰しますから。」

「トゥルル~。あっ、お母さん。今ね、サンタさんの星に遊びに来てるんだ。」

「サンタさんの星?何バカな事言ってるのよ!もう、夕飯の時間だから、早く帰ってきてね。パパも心配しているから。」

「うん。わかった。じゃあ、帰るね。」

「誰からの電話?」

「お母さんから電話でね。夕飯の時間だから、早く帰っておいでって。」

「そうかぁ、お母さん心配しているね。じゃあ、もう帰ろうか。」

「残念だなぁ。せっかく色んなところを探検できると思っていたのになぁ。」

「まぁ、また連れ来てあげるよ。」

「だって、サンタさんは1年に1回しか来ないから、来年にならいとと会えないね。」

「そうだねぇ。じゃあ、地球に戻ろうかぁ。」

「うん。」

~~~~~~~

「さぁ、急がなきゃ。今日中にこのプレゼント配り終えないと、帰れなくなっちゃうからな。よし、まずは、あそこの家から行こう。」

「そこにいるのは、誰?もしかして、サンタクロース?」

「あれっ、見つかったかな。」

「その恰好だったら、サンタさんだって、すぐわかっちゃうよ。」

「こんな夜中にどうしてるんだい?」

「うん、今ね、おしっこで起きちゃったの。」

「そうかぁ、ちょうど悪いタイミングで入ってきちゃったみたいだね。」

「もしかして、僕にプレゼントくれるの?」

「そうだよ。キミの欲しいものを持ってきたよ。」

「何を持ってきたの?」

7話.少年がサンタさんの代わりになる? 12/22UP

「さぁ、中身を見てごらん。」

「うわぁ、サッカーボールだぁ。どうして僕の欲しいモノがわかったの?」

「君の願いは、全て向こうの星まで、届くようになっているんだ。」

「へぇ、そうなんだ、嬉しいな。」

「じゃあ、また次の家に行かないといけないから・・・。」

「うん、ありがとう。」

~~~~~~~

「よし、次はこの家か・・・。ちょっと待てよ、この家の煙突は狭くて入れそうにないなよな~。」

サンタさん!!」

「うわぁ、ビックリしたね!」

「ビックリした?」

「うん、ビックリしたよ。どうしたんだい?こんな時間に・・・。」

「眠れなくて、外を見ていたら、サンタさんが煙突に登るところが見えたんだよ。だから慌てて、駆けつけてきたんだ。」

「そうだんったんだ。でも、タイミングがいいね。実は、この家の煙突なんだけど、狭くて入れそうにないんだよ。もうちょっとダイエットしとけば良かったかな。」

「じゃあ、僕が代わりに、プレゼント届けてあげるよ。」

「本当かい?君は優しい子だね。」

サンタさんの役に立ちたいから・・・。」

「じゃあ、せっかくだから、キミに頼もうかな。」

「うん、いいよ。」

「じゃあ、これを持っていってくれるかい?」

「煙突の中に入って、プレゼントを置いてくればいいんだよね。」

「そうだよ、じゃあ、頼むね。」

8話.クリスマスプレゼントの箱の中身は何? 12/23UP

「うわぁ、煙突の中、真っ暗で何も見えないや。それにつかまるところもないし。あぁ~~~~、落ちる~、助けて~、ズドンドン。」

「誰なの、そこにいるのは、泥棒ね。ママ~~!!!泥棒が~」

「ちょ、ちょっと待ってよ。僕はサンタさんの代わりに来たんだよ。だから、怪しいモノじゃないからさ。」

「本当?」

「本当だよ。ここの煙突ね、狭いからサンタさんが入れないんだ。だから僕が代わりに来たのさ。嘘だと思うなら、外を見てごらんよ、サンタさんがいるでしょ。」

「でも、私いま、具合が悪くて動けないの。」

「どうして、動けないの?」

病気なの。もう、1年寝たきりよ。」

「そうだったんだ、可哀想だね。」

「・・・・・。」

「じゃあ、サンタさんからのプレゼントあげるね。あれ、どこに行ったのかな。あったあった・・・。でも、ずいぶんと小さな箱だな。」

「何が入ってるのかしらね。」

「なんか、ごめんね。こんな小さいプレゼントで・・・。サンタさんに言って、他のプレゼントと交換してもらおうか。」

「いいのよ、そんな事しなくて。せっかくのサンタさんからのプレゼントだもの。」

「じゅあ、箱を開けてみてよ。」

「うん。」

「何が入っているの?」

「なんだか、みたいね。何の薬かしら。」

「飲んでみたら?」

「じゃあ、飲んでみるわね。ゴクッ・・・。」

「どう?」

「なんか、凄く苦いわね。」

「・・・・・。」

「あれ?不思議ね。体が元気になってきたわ。」

9話.病気はゆっくり治すのがいい? 12/24UP

「薬を飲んだおかげで、元気になったわ。ありがとう。」

「僕は何もしていないから、サンタさんにお礼を言ってよ。」

「うん、窓の外にサンタさんいるかしら。」

「たぶん、外で待ってるから、見えると思うよ。」

「あぁ、サンタさんがいる~。こっちを見て、手を振ってるわ~。サンタさんって、本当にいるんだ~。」

「元気になって良かったね。じゃあ、僕は帰るから。」

「ありがとう。サンタさんにお礼を言ってね。」

「うん、わかった。」

~~~~~~~

「薬を飲んだら、病気が治っちゃったよ。」

「よく効く薬を貰ってきたからね。」

「サンタさんは、何でも知ってるんだね。」

「君たちの思いは、全部天まで届いているからね。でも、あの子は、またすぐに具合が悪くなるよ。」

「えっ、せっかく薬を飲んで元気になったのに、どうしてなの?」

「あれはね、一時的に良くなる薬なんだ。その方が体に負担がなくていいのさ。あれだけ症状が重いとね、その場ですぐに治せる薬だと、ちょっと危険なんだよ。だから、徐々に体を慣らしていく方が、体には安全なんだよ。」

「そうなんだ。」

「だからまた一か月後に、あの子に薬を渡してくれるかい?」

「僕が届ければいいんだね。」

「できるかい?」

「うん、サンタさんのお願いだから、ちゃんと約束は守るよ。それに、あの子の役にも立ちたいから。」

「君は優しい子だね。じゃあ、頼んだよ。」

「うん。」

10話.引き寄せるモノは心の波動で決まる 12/25UP

「もうお別れだね。」

「寂しいな~。もっとゆっくりしていけばいいのに。」

他の星にも届けないといけないからね。地球よりも、もっと貧しい人が住んでいる星がいっぱいあるからね。」

「そうなんだ、残念だな~。僕ね、大人になったら、宇宙飛行士になりたいな。」

「それは大きな夢だね。」

「うん、宇宙飛行士になって、サンタさんの星まで、遊びに行くんだ。」

「じゃあ、それまで一生懸命頑張って、勉強しないとダメだね。」

「うん。でも、サンタさんの星は、どうしてあんなに豊かなの?」

引き寄せているのさ。」

「引き寄せている?」

「人は皆、波長の合うものを引き寄せるようになっているのさ。」

波長?難しいな~。僕にはちょっとわからないや。」

「心の中の世界と、現実の世界は一致するっていうことだよ。」

「う~ん、それでも僕には難しいや。」

「心の中は、見ることはできないけど、感じることはできるだろう。」

「うん、それならできるよ。」

「嬉しいとか、悲しいとか、イライラするとか、ワクワクするとか・・・。」

「心の中の気持ちが、外の世界をつくりだすってことなの?」

「そうさ、その通りさ。」

「じゃあ、いつもハッピーって思っていればいいの?」

「よくわかったね。」

「でも、あまりハッピーな事ないんだよね。」

「それは、目の前の現実に目を奪われているからさ。」

「サンタさん、変なこと言うね。だって、目の前のことに目がいくのは、当たり前だと思うんだけど・・・。」

「確かに、そうだね。でもね、ちょっと考えてごらんよ。君はプレゼントを貰ったら嬉しいかい?」

「うん、嬉しいよ。」

「じゃあ、プレゼントが貰えなかったら?」

「う~ん。」

11話.幸福感を持つと欲しいモノは手に入れられる 12/26UP

「君は、プレゼントが貰えないと、嬉しくないのかい?」

「そんな事はないけど。やっぱりプレゼントが貰えると嬉しいな。」

「じゃあ、今はどうなんだい?」

「今は普通かな~。学校も楽しくないし、勉強も楽しくないし・・・。」

「キミは、マイナスに目を向けているだろう。それが地球人の特徴さ。」

「だって、ついつい目がいっちゃうんだもん。勉強なんか楽しくないよ。サンタさんだって、勉強嫌いでしょ。」

「そうだね、確かに勉強は楽しくないかもしれないね。」

「ほら~、やっぱりサンタさんだって、同じだよね。」

「でもね、だからといって、つまらないとは思わないよ。勉強だって、色んなことを覚えると楽しいと思うけどね。」

「じゃあ、サンタさんは、幸せなの?」

「あぁ、幸せさ。」

「でもサンタさんだって、こんな遠くの星まで来るのは辛いでしょ。」

「そんなことはないよ、皆の喜ぶ顔が見れると、幸せな気持ちになれるからね。キミだって、僕がプレゼントをあげたら、喜んでくれるだろう。」

「うん、サンタさんのプレゼントなら、何でも嬉しいかな。」

プレゼントなんてなくても、幸せなはずだよ。食べるものだってあるし、住むところだってあるし、着るものだってあるし、親もいるし、お小遣いも貰えるし・・・。」

「でも、それだったら、皆も同じだと思うよ。」

地球の人は皆、それが当たり前だと思っているのさ。」

「僕の星はね、皆、何でも感謝して過ごしているんだよ。」

感謝って大事なんだね。」

「そう、幸福感をいつも持つようにすることだね。そうしたら、いつでもほしいモノが手に入れられるようになるよ。」

最後までお読み、頂き有難うございます。

幸せがドンドン舞い込む超簡単プラス思考(開運の奥義の記事)

Pocket

今すぐ人生を変えたいあなたへ!

「開運の奥義」の記事が読み放題 ネット会員募集中!

「初心者の為の、週末30分楽々株式投資セミナー」

このブログは開運アドバイス、人生相談のアドバイス東京が運営しています

   

 - メッセージ