運わるぅ.com

劇的に人生を変える、運が悪い人の為の応援ブログ

幸せになる方法 天からの12のメッセージ

1.どうにもならない感情

感情って、本当にどうにもならないもの。

自分でコントロールできたら、どんなに楽なことだろうか。

無意識に沸き起こる不安。

無意識に出てくるイライラ。

・・・・・

不安にならなかったら、積極的に行動できるのに!

イライラしなかったら、毎日を穏やかに過ごせるのに!

絶望感がなかったら、死にたいなんて思わないのに!

虚脱感がなかったら、毎日が楽しいはずなのに!

あぁ、感情って、どうして沸き起こるのだろうか?

感情って、とてもやっかいなものかもしれない。

感情に振り回され、

感情のおもむくままに行動し、

そして、

後悔を積み重ねることになる。

・・・・・

嫌な感情が沸き起こったら・・・、

ちょっと冷静になって考えてみるといい。

このイライラの感情の元は、何なのか?

この不安な感情の元は、何なのか?。

このやるせない感情の元は、何なのか?

・・・・・

感情の元を辿るなんて、推理小説っぽくて面白いかもしれない。

感情と正面から向き合うと、何かが見えてくるだろう。

あなたは、逃げている。

あなたは、目を反らしている。

あなたは、わざと、気づかない振りをしている。

・・・・・

もう、そろそろ、観念したらどうだい?

負の感情は、意外としつこいよ。

逃げても、気づかない振りをしても、無意識に沸き起こってしまう。

1時間だけ、一人になって冷静に考えるだけでいいんだ。

テレビを見たり、お酒を飲んだり、ゴルフをしたり、デートをしたり・・・、

それだけが、人生ではないよ。

2.世の中は不公平か?

世の中は不公平・・・って誰もが思うよね。

親の財産で遊んで暮らしている人。

ろくに仕事もしていないのに、高給取りの天下り官僚。

人に迷惑をかけていないはずなのに、幸せになれない人達。

朝から晩までクタクタになるまで仕事をしても、生活が楽にならない人達。

自分の方が仕事を頑張っているのに、同僚の方が評価されてしまう。

自分の方が優しいのに、あいつの方が何故かモテてしまう。

数え上げたら、キリがないね。

・・・・・

人生は上手くいかないからこそ、楽しいのかもしれない。

1+1=2

・・・みたいな感じで、結果がハッキリしていると楽かもしれない。

しかし、人生っていつも・・・、

1+3=1。

・・・こんな感じかもしれないね。

1に3をプラスしても、4にはならない世界。

だから、世の中不公平なのかもしれないね。

・・・・・

でもね、幸せになりたいのなら、

「世の中は公平だ!」っていつも思うようにするといいよ。

そうすると、必ず人生は変わっていく。

・・・・・

つねに、現実を受け入れていくといい。

結果は結果だから、潔く認めるといい。

・・・・・

不公平を感じると、必ず何かが刺激されるよね。

それが、感情。

どうして不公平な世の中なのかっていうと・・・。

感情が刺激されないと、行動を起こす為の燃料(パワー)が得られない。

無感情では、感動は得られない。

無感情では、人を突き動かすことはできない。

無感情では、世の中を変えようなんて事は思わない。

・・・・・

不公平だなって感じた時・・・、

行動を起こす為の起爆剤として、マイナス感情を利用するといい。

3.苦労と楽

苦労と楽・1

あなたは、1年前と比べて何が変わった?

何も変わっていない?

・・・・・

人生は、だまってても好転はしない。

変わるって、とても勇気のいること。

できれば、昨日のままの自分でいたい。

その方が、変化に惑わされなくて済むから楽でいい。

楽(プラス)を選択するから、人生は苦しく(マイナス)なる。

苦(マイナス)を選択すれば、人生は楽(プラス)になる。

・・・・・

矛盾している!!

ってあなたは言うかもしれないね。

でも、それが人生なんだよ。

・・・・・

世の中は、とても公平なんだ。

プラスとマイナスでワンセット。

男性と女性。

ボルトとナット。

昼と夜。

・・・・・

不幸(マイナス)を求めているのなら・・・。

今まで通り、楽(プラス)を選択するといい。

しかし、幸せ(プラス)を求めているのなら、苦労(マイナス)を選択するといい。

「徳を積む」って言葉があるね。

「徳を積む」と、運が良くなるって言われてるね。

・・・・・

実際、その通りなんだよ。

劇的に人生を変えたかったら、あなたの考え方も180度変えることだね。

そして新しい習慣を手に入れるといい。

電車でお年寄りに席をゆずったり・・・

同僚の仕事を手伝ってあげたり・・・

忙しい両親の為に、家事を手伝ってあげたり・・・

そんな身近な事から始めてみるといい。

変わるって、とても勇気のいる事だけど、

その見返りはとても大きい。

期待しないで行動すると、さらに見返りは大きいよ。

苦労と楽・2

今のあなたっていうのは・・・。

過去にあなたが、何をしてきたのか?

って事の積み重ねでしかないんだ。

・・・・・

だから今、不幸(マイナス)を感じている人は・・・、

今まで、楽(プラス)を求めてきたのかもしれない。

この先、苦(マイナス)を選択しようと思うのなら・・・、

自身の感情に気を使うといい。

苦しいな!って思いながら、 苦(マイナス)を選択しても、意味はない。

苦(マイナス)を経験することに、喜びを感じるといい。

「若いうちの苦労は買ってでもしろ!」って、よく言うね。

実際、その通りなんだよ。

そこには、苦労を経験した者にしか、見えないものがあるんだ。

楽をしている人には、決して見えない世界。

苦労して・・・「お金」をもらう。

苦労して・・・「お金」を払う。

「もらう」と「払う」では、正反対だね。

苦労の中から、何かを学び取ろうとするのではあれば・・・、

その苦労は、決して苦労(マイナス)にはならない。

それどころか、将来の為に幸せの種を蒔いていることになる。

・・・・・

あなたは今まで、種を蒔いてきたか?

種を蒔いてきたのであれば、後は刈り取るだけでいいはず。

刈り取る「モノ」がないのなら、今まで種を蒔いてこなかった事になる。

・・・・・

楽(プラス)と苦(マイナス)

・・・・・

今からでも、間に合うから、種を蒔くといい。

年齢は関係ない。

30代、40代、50代・・・、まだ間に合うよ。

年をとってからの苦労は、買いたいとも思わないよね。

肉体的にもきついものがあるだろうし。

・・・・・

苦労したいとは思わないけど、もし必然的にそういう状況になったのなら?

自ら探さなくても、向こうから勝手に「苦労」がやってきたのだから・・・、

ラッキーだね!!

喜んで受け入れるといい。

4.後悔

あなたは今、どちらを向いている?

過去?それとも未来?

過去の延長線が今。

今の延長戦が未来。

過去と未来、どちらを変えることができる?

・・・・・

変えることのできない過去を悔やんでもしかたがない。

唯一、変えられる可能性があるのは、”未来”だけ。

もし、人生を変えたいのであれば、昨日までの習慣を捨てるといい。

そして、新しい習慣を手に入れるといい。

・・・・・

時計の針は、だまってても進んでいく。

「過去」に何があったのか?

ではなくて・・・。

「今」何をしているのか?

ということの方が大事。

「過去」を未来に生かしたいのであれば・・・。

「未来」の自分はどうありたいのか?

って考えるといい。

・・・・・

そのうえで、「過去」から何かを学ぶべきだろう。

延々と過去のことを悔やんでも、そこからは何も生まれない。

未来に繋がっているのは、「今」であることを自覚するといい。

・・・・・

1.先に、「未来」の自分はどうありたいのかを考え。

2.次に、その為には「今」何をするべきかを考え。

3.そして、「過去」の体験の中からヒントをもらえばいい。

・・・・・

だから、過去の失敗などは、未来につなげる為の、

ヒントがいっぱい隠されている。

「過去」と「未来」をバランスよく、見てあげるといい。

「過去」しか見ない人は、未来(希望)を失い。

「未来」しか見ない人は、過去(感謝)を忘れる。

どちらも幸せにはなれない。

5.願望実現

「絶対に願いを叶えたい!」

そう思っている人は多いだろう。

明確な願望がある人は、意外と幸せなことかもしれない。

願望もなく、毎日を惰性で過ごしている人もいるのだから。

・・・・・

願望っていうのは、簡単に叶うものではない。

だから、そのプロセスを楽しむといい。

「あの人と付き合いたい!」

でも、私には高嶺の花。

願いが叶わない理由は必ずある。

・・・・・

表面では「彼と付き合いたい!」

と思っていても、心の奥底ではそれを否定している場合がある。

それじゃあ、いくら頑張っても願いが叶うことはない。

「彼とは家柄が違う。」

「彼は明るくて人気者。」

「彼は仕事ができて、頭がいい。」

それに比べて自分は・・・。

それは、劣等感というマイナス感情。

・・・・・

「そういえば、彼って長男よね(姑の問題が・・・)。」

「長期の海外出張が多いからな~(寂しいな~)。」

「彼って気の短い所があるからな(上手くいくかな~)。」

不安というマイナス感情も、願望実現の妨げになる。

・・・・・

「外車が欲しいな~!」(でも、維持費がかかって心配)

「マイホームが欲しいな~!」(リストラになってローンが払えなくなったら、どうしよう)

「早く彼と結婚したいな~」(でも、仕事と家庭の両立は大変だろうな~)

願望(意識)と不安(潜在意識)

あなたの願望に、不安というお荷物が付いていたとしたら?

その願いが叶うことはないだろう。

もし、願いが叶ったとしても、そう遠くないうちに失うことだろう。

6.占い

「あんた地獄に落ちるわよ!」

言われた方は、たまったもんじゃない。

・・・・・

未来を占ってもらいたい気持ちは、よくわかる。

良い事を言われれば、安心する。

悪い事を言われれば、ガッカリする。

・・・・・

未来を占ってもらう。

「彼と結婚できるのか?」

「将来お金持ちになれるのか?」

「出世できるのか?」

・・・・・

自分の将来がどうなるのかを、他人に聞いてしまう。

「大丈夫、彼と結婚できますよ!」

って言われたら。

あなたはもう、努力することはしなくなるだろう。

おまけに、期待までしてしまうだろう。

・・・・・

「彼とは絶対に無理よ、あきらめなさい」

って言われたら。

あなたは、とても落ち込むだろう。

そして、希望を失うだろう。

・・・・・

結果を知っているのは、占い師ではなくあなたです。

「願いが叶わない事を」

あなたが一番知っているはず。

・・・・・

不安だから、占い師に見てもらう。

その時点でもう、結果は決まってるんだ。

だから、「あなたの願いは叶わない」と言われたら。

「叶える為には、どうしたらいいのか?」

と聞き返すといい。

「わからない」と言われたら。

その占い師の言うことは、信用しなければいいだけの話。

7.苦しい時の神頼み

苦しい時の神頼み。

どうしようもなくなった時、神社にお参りする人は多いかもしれない。

「助けてください~!」

「彼と幸せになれますように!」

「出世できますように!」

でも、無駄な事はやめた方がいい。

・・・・・

神社にお参りすることがいけないと言っているのではない。

それどころか、神社にお参りするのは、とても良いこと。

幸せになりたいのなら・・・。

自分ではなく、周りの人の幸せを願うといい。

そうすると、あなたの願いも叶いやすくなる。

そして・・・。

・・・・・

具体的な名前をあげるといい。

妻が幸せになれますように!

夫が幸せになれますように!

息子が受験に合格しますように!

○○さんの病気が治りますように!

同僚の○○さんが良縁に恵まれますように!

・・・・・

何故、具体的な名前をあげるのか、わかるかい?

それは、あなたの”感情”が動くからだよ。

皆が幸せになれますように!

と言った時、あなたの心は動くかい?

微妙だよね。

・・・・・

苦しい時の神頼み。

自分の願いを優先させたい気持ちはわかる。

他人のことなんか、構っている暇はない!

その気持ちもよくわかる。

でもね・・・。

苦しい時に助けてくれるのは誰なの?

周りの人しかいないよね。

自分でなんとかなるなら、神社にお参りなんて行かないはず。

そう思わないかい?

8.決断

どうしよう、迷うな~。

あっちにしようか、こっちにしようか。

ん~、凄く悩んでしまう。

・・・・・

人は何かを決めようとする時、よく悩むようだ。

そして、決める時の尺度は、いつもこうだ。

どっちが、自分にとってプラスとなるのか?

人間誰しも、マイナスは避けて通りたいもの。

でもね・・・。

どっちに転んでも、結果はマイナスになるよ。

右の道に進もうが、左の道に進もうが、どっちでも同じ。

選択した道によって、人生が決まってしまう。

そう、思うかもしれないね。

だから、あなたは悩むのかもしれない。

・・・・・

悩んでいる時っていうのは、必ず負の感情がついてまわる。

マイナスの感情によって、導き出された答えは・・・。

マイナスの結果になることが多い。

・・・・・

悩んでいるうちは、決断しない方がいい。

じゃあ、どうすればいいの?

どっちが、自分にとってプラスとなるのか?

ではなくて・・・

自分にとって、マイナスだと思える道を選択するといい。

そんなバカな!!

・・・とあなたは言うかもしれないね。

執着や欲を捨てると、面白い事が起こるよ。

「もういいや!」って、開き直ってみるといい。

悩みから解放されると、不思議と良いことが起こるんだ。

開き直ると心の中がスッキリするでしょ。

スッキリした心は、スッキリした現実の世界を作り出してくれる。

9.周りの人と比較してしまう

周りの人と比べてしまう・1

つい周りの人と比較してしまう?

・・・・・

あなたが動くきっかけはいつも、”自分”ではなく”周り”かもしれない。

これからは、自分を”中心”にして考え、行動するといい。

周りの皆が、結婚したから、「自分も早く、結婚しなきゃ!」

周りの皆が、仕事しているから、「自分も早く、仕事を探さなきゃ!」

周りの皆に、見栄を張りたいから、「たくさん、お金を稼がなきゃ!」

そんな人生を歩んでしまうと、一生棒に振ってしまうかもしれないよ。

・・・・・

行動を起こす基準は、”周り”ではなく”自分”であるはず。

「早く起きなさい!」と親に言われるから、「しかたなく起きる」

それはもはや、あなたの人生ではない!

うるさく言われるから、早く起きる。

そうじゃなくて・・・。

・・・・・

早く起きるのは、「清々しいから」。

早く起きるのは、「ゆっくり朝食を食べれるから」。

早く起きるのは、「余裕を持って、会社に行けるから」。

自分の考えをしっかり持って、行動するといい。

そうすれば、”自分”主体で行動できるようになる。

・・・・・

周りの人は皆、幸せそうなので、焦ってしまう?

周りの人が持っているものを手に入れても、幸せになるとは限らないよ。

いや、それどころか、ますます不安になってくるかもしれない。

・・・・・

なぜなら、

あなたが、心から望んで手に入れたものでないのであれば、

それは、あなたの存在を否定していることになるから。

だから・・・。

「あの人が持っているから、自分も手に入れたい!」ではなく、

「私自身が必要としているから、自分も手にいれたい!」

・・・・・

他人の目は気にする必要はない。

常に、自分の目で見て、自分の心で判断するといい。

周りの人と比べてしまう・2

他人に言われてから行動するか、自分の意思で行動するか。

常に自分の意思で行動するといい。

・・・・・

他人に言われてから行動するというのは・・・。

他人に支配されていることを意味する。

他人に支配された人生を歩みたいのかい?

そんな、物好きな人はいないだろう。

・・・・・

自分の望んだ通りの人生を歩みたいのなら・・・。

常に、人に言われる前に行動するといい。

そして自分の信念をしっかり持つといい。

・・・・・

あなたが望んでいるもの。

本当にそれは、あなた自身が望んでいるものかい?

自分の心に、よ~く問い掛けてみるといい。

・・・・・

誰かに言われて、不安になったからでは?

友人が持っていて、羨ましく思ったからでは?

周りの人にバカにされて、惨めに思ったからでは?

誰かに奪われて、悔しく思ったからでは?

・・・・・

マイナス感情を捨てるといい!

不安になったり、悔しくなったりする気持ちはわかるけど。

相手に支配されてしまうよ。

・・・・・

あなたの人生はいつも、”自分”の思い通りになっているかい?

自分の人生をコントロールしているのは、自分のはずなのに・・・。

自分の思い通りにいかないなんて、とても不思議だね。

不思議だと思わないかい?

・・・・・

あなたの人生をコントロールしているのは、あなたではない。

何故なら、あなたの意思で動いていないからだよ。

だから、周りの人と比べるなんて事は、もうやめた方がいい。

・・・・・

そうすれば、新しい人生が始まるよ。

10.問題が起きた時

問題が起きると、人はつい、慌ててしまう。

失うことへの恐怖?

一人でいることへの不安?

ケンカした相手への怒り?

・・・・・

あなたの身に、問題が起きたとしても、何も心配はいらない。

何故なら、全ての物事には意味があり、全て解決できるようになっているから。

運のない人には、幸運は訪れない。

お金のない人に、お金を借りようとは思わない。

羽のない鳥に、空を飛べという人はいない。

問題を解決する能力がない人に、問題を与える事は決してない。

・・・・・

全ての問題は、今のあなたが解決できるようになっている。

問題が大きくて、心がつぶれそうになるかもしれない。

苦しくて、逃げ出してしまいたくなるかもしれない。

でも、なんとかなるようになっている!

・・・・・

突然、海に放り出されたら?

慌てて、バタバタしてしまうかもしれない。

もがけばもがくほど、体力は消耗する。

そして、力尽きて海の底に沈んでいくことになる。

・・・・・

力を抜けば、だまっていても水面に浮かんでくれる。

だから、問題が起きても、決して慌ててはいけない。

肩の力を抜いて、穏やかな気持ちでいるといい。

焦ってイライラしてしまうと、周りが見えなくなってしまう。

・・・・・

問題が起きた時・・・。

相手を責めてはいけない。

そこから逃げてもいけない。

不満を言ってもいけない。

何故なら、「自分には解決できない」と、白旗をあげているようなものだから。

・・・・・

だから、力を抜いて、”今起きている事”を受け入れてみるといい。

そうすれば、問題はいつか消えてなくなるはず。

11.いつか来た道

いつか来た道・1

この道は、いつか来た道。

どうして、いつも、同じ事の繰り返しなんだろう?

「今度こそ!」、このセリフを何度言ったかわからない。

もう、あきらめようか・・・。

もう、疲れた・・・。

どうやったら、この迷路から抜け出せるのだろう?

・・・・・

あなたは、何かを忘れている。

あなたは、常に意識の世界で、最善の答えを見つけ出そうとしている。

そして、あなたは何かに支配されている。

自分の人生を支配しているのが、感情だと気づいている人は少ない。

心が不安になった時、あなたは何をするだろう?

・・・・・

ある人は、恋人と一緒に過ごし、癒しを求めるかもしれない。

ある人は、テレビを見て、気を紛らわすかもしれない。

ある人は、お酒を飲んで、忘れようとするかもしれない。

人は、正体不明の感情に流され、そして翻弄される。

・・・・・

同じ道を行ったり来たりする人は・・・。

いつも同じ感情に支配されているはず。

常に不安という感情を持っている人は、不安という人生がついてまわる。

そこから逃げてはダメだ!

お酒を飲んでも、テレビを見ても、解決はしない。

しっかりと、自分の心と向き合うべき。

勇気を出せば、こわくないはず。

・・・・・

仕事や恋人を変えたり、新車を買ったりしても、決して何も変わらない。

感情から目を反らさない方がいい。

・・・・・

不安な気持ちになったのなら、冷静に自分を見つめなおしてほしい。

そこから逃げても、同じ事の繰り返しになるだけ。

・・・・・

相手を信頼すれば、不安が消えるかもしれない。

自分に自信を持てば、不安が消えるかもしれない。

お金に対する執着から開放されれば、不安が消えるかもしれない。

周りの人との比較をやめれば、不安が消えるかもしれない。

・・・・・

不安という心理は、病院に行っても治してはくれない。

あなたにとって、不安を排除するというのは、大手術かもしれない。

不安という人生は、自分自身が作り出しているもの。

同じ道を行ったり来たりするのは、もうやめた方がいい。

いつか来た道・2

重たそうな荷物を持っているね。

たまには、背中から降ろしたらどうだい?

大切なものだから、降ろすわけにはいかない?

でもね、とても苦しんでいるように見えるよ。

・・・・・

執着という罠にはまって、そこから抜け出せない人は多い。

大切な物だからこそ、手放したくない気持ちはよくわかる。

あきらめきれない気持ちもよくわかる。

でもね、手放してご覧よ。

・・・・・

今まで費やしてきた時間が無駄になる!

相手の為に精一杯やってきたのだから、今さら手放すなんて!

あなたが苦しんでいるのは、決して相手のせいじゃない。

そして、周りの環境のせいでもない。

執着というのは、満たされない心の裏返しなんだ。

・・・・・

心を満たしてあげれば、執着という呪縛から開放されるはず。

そうすれば、「また、この道に戻ってきちゃった」という事もなくなるはず。

・・・・・

人生、寄り道することも大切かもしれない。

でも、寄り道ばかりしていたら、もう元の道には戻れなくなってしまう。

手放すって、意外と難しいことかもしれない。

手に入れることよりも、ずっとずっと難しいことかもしれない。

・・・・・

お金の事、恋人の事、仕事の事・・・。

1日でもいいから、忘れてみるといい。

悩み続けたって、気持ちは焦るばかり。

焦っても、何もいいことはない。

・・・・・

一つだけ、いい事を教えてあげよう。

・・・・・

焦って得た物は、必ず失うことになってるんだ。

・・・・・

何故なら、焦りと不安は、とっても仲良しだから。

もし、あたなの願いが叶ったとしても・・・。

今度は、失うことへの恐怖に悩まされることになるんだ。

そして、こう気が付くことになる。

「ここは、いつか来た道」ってね。

いつか来た道・3

人は生まれた時点で、既に死というゴールを目指している。

種が成長し、青春を謳歌し、実りの季節を迎えて、枯れる。

それはまるで、片道にしか乗ることのできない電車のようなもの。

残念ながらUターンは許されない。

・・・・・

あの頃に戻ることができたら、どんなにいいだろう。

以前出合った風景の余韻にひたる暇はない。

次から次へと、新しい風景が流れてくる。

そして、確実に時間だけは過ぎてゆく。

・・・・・

この景色には、見覚えがある!

「たしか、5年前にも同じような事があった!」

「いや、5年前どころか、いつも同じような景色を見ているような気がする。」

「もう、こんな景色なんて、見たくない!って思っていたのに。」

・・・・・

今までと同じ習慣を繰り返しても、外の景色は決して変わる事はない。

勇気を持って、途中下車するといい。

そして、違う電車に乗るといい。

今まで乗ってきた電車に愛着があるのはわかる。

しかし、レールを変えない限り、見る景色はいつもと同じ。

・・・・・

昨日とは違う習慣を手に入れてみるといい。

昨日と同じ自分では、何も変わらないよ。

景色(人生)を変えたければ、悪い習慣を捨てることから始めればいい。

捨てなければ、新しい習慣を手にすることはできない。

勇気を出して、今の電車から降りるといい。

・・・・・

何でもいいから、昨日とは違うことを一つ実践してみるといい。

そして、しばらく続けてみるといい。

景色(人生)が変わらなければ、また違う電車に乗ってみるといい。

そしてまた、続けてみるといい。

それでも、景色(人生)が変わらなかったら?

・・・・・

汚れたホース(考え方)からは、汚れた水(習慣)しか流れてこない。

だから、ホース(考え方)ごと取り替えるといい!

そうすれば、「いつか来た道」なんてことはなくなるはず。

12.失恋

苦しくって切ないのが、失恋。

ある人は、執着があったのかもしれない。

ある人は、愛着があったのかもしれない。

どちらにしても、あなたの心に何かが”着いて”いるのは間違いない。

・・・・・

失恋したって事は・・・。

相手にはもう、何も”着いて”ないことになる。

恋を失うことにも、必ず意味がある。

彼(彼女)に執着すれば、必ず周りは見えなくなってくる。

周りが見えなくなってくると、とっても危険。

車の運転も、一点だけ見つめていると、事故を起こしてしまう。

・・・・・

ポッカリと心に穴があいてしまった。

それはある意味、恋愛依存症かもしれない。

好きだったのか?

依存していたのか?

依存は失恋ではなくて、病に近いことかもしれない。

だから、冷静になって自分の心を見つめ直してみるといい。

・・・・・

依存してしまうって事は・・・。

心の弱さが原因かもしれない。

そして、相手に自分の人生をゆだねてしまうことになる。

他人に自分の人生をゆだねてしまえば、心が不安定になって当たり前。

・・・・・

いてもたってもいられない!

いつまでたっても、忘れられない!

その気持ちはよくわかるけど・・・。

・・・・・

でもね。

心が不安定だと、不安定なものしか引き寄せないよ。

勇気を持って執着を捨ててみるといい。

マイナス感情が、マイナスのものしか引き寄せないのなら。

プラスの感情は、プラスを引き寄せるはず。

この世の中には、絶対的な法則があるんだ。

だから、心の重荷を一度捨ててみるといい。

そして、次の出会いに期待するといい。

最後までお読み頂き、有難うございます。

Pocket

今すぐ人生を変えたいあなたへ!

「開運の奥義」の記事が読み放題 ネット会員募集中!

このブログは開運アドバイス、人生相談のアドバイス東京が運営しています

   

 - メッセージ