運わるぅ.com

劇的に人生を変える、運が悪い人の為の応援ブログ

潜在意識もビックリ!財布を落とした時のプラス思考とは?

辛い時にプラス思考すれば、人生が変わる!

マイナスの時にだけ、プラス思考をするのがコツ

多くの本やサイトで、プラス思考について語られていますが、的確に本質を捉えているものはないかもしれません。
「何事も前向きに考える」というのが、世間一般で認識され ているプラス思考です。
 何事も積極的に考えれば、人生が好転するように思われていますが、それは大きな間違いです。

生きるのが辛い、そんな時ってありますね。
特に運の悪い人の場合は、辛い事ばかりが続いてしまうので、マイナス思考になってしまいがちです。

しかし、そんな時にこそ、プラス思考をするのです。

ですから、「どんな時にでも」ではなく

「自分の身の回りに嫌な事が起きた時」

にだけプラス思考をするのです。

電池のプラスとマイナスという対極の物が合わさって電気が発生するように、あなたも今置かれている現状に対して対極的な思考をすることが運を発生させるコツとなります。
例えば恋人に振られた場合、あなたは悲しいという気分になることでしょう。
「悲しみ」の対極は「喜び」という感情です。
ですから悲しい気分になったのなら、対極である喜びの伴ったプラス思考をすることによって、あなたの望みが叶うのです。
(この場合は、恋愛運が飛躍的にアップします)

積極的になっても、マイナス思考の改善にはならない

人は何かの問題に直面すると、辛い事から逃げようとする傾向がとても強いです。
マイナスの出来事が起こると、

「そのうち何とかなるだろう」

といった安易なプラス思考に走りがちです。
また誰かに悩みを相談することで心の中をスッキリさせようとする人もいます。

マイナス思考を改善するには、「積極的(もしくは楽観的)になることが大事である」と考えている人がとても多いです。
「前向きに考えよう・・・」って考えるのはとても良いことです。
しかし「前向きに、前向きに!」って意識しすぎるのは、実はマイナス思考していることにもなるのです。
その人間の心理の裏には「マイナスの出来事を早く心の中から追い出したい」という強い気持ちが働いているからです。
いつまでもマイナスを避けて通ろうとする気持ちがある以上、一生悩みが解決されることはないかもしれません。

マイナスの現象を受け入れる気持ちが大切!

マイナス思考の克服方法 

自分の身の回りにマイナスの事が起こったら、まずはそれを受け入れる事から始めましょう。
「目をそむけずに真正面から見据える」ことがプラス思考の第一歩になります。
引き寄せの法則では、「マイナスから目を反らす事」を勧めていますが、ゼロの法則では「マイナスに向き合う事」を勧めています。
(ゼロの法則については、「運が悪い原因を解明!意識的に運を発生させる「ゼロの法則」とは?」を参照)

潜在意識はマイナス感情を嫌うので、一見「マイナスから目を反らす」というのは理に適っているように思われます。
しかし、潜在意識からマイナス感情が消えたわけではなく、ただ奥底の方に隠れてしまっただけです。

嫌な事があると、つい「忘れてしまいたい!」って考えてしまいがちですが、「忘れよう!」って強く思えば思うほど、そのマイナスの現象に対してマイナス思考していることになります。

いじめ、リストラ、病気、借金・・・・などなど、今の現状から逃げて「何も考えたくない」っていう気持ちになるのは、人間である以上自然なことかもしれません。

しかし勇気を出して、真剣に考えてほしいと思います。

「今の自分に何かできることはないか。」
「ひょっとして自分は間違った方向に進んでいるのではないだろうか。」
「もしかしたら、チャンスかもしれない。」

こう考えた時点で、あなたはマイナスの現象を快く受け入れた事になるので、プラス思考のスタートラインに立ったことになるのです。
あなたのその勇気が人生を変える出発点となるのです。

プラスの現象だけに目を向ける

プラス思考といっても色々な活用法があります。
マイナス思考ばかりしている人、気が小さい人、自分に自信が持てない人、対人恐怖症などの人には特に効果的です。
気の弱さはあなたの努力によって克服することができます。

自分の良い所だけに目を向ける努力をしてみる事をお勧めします。
きっとあなたは

「自分には長所なんて何一つない!」

と考えているかもしれません。
でも長所を探そうと真剣に考えた事が今までありますか?

あなたはこれから、たった1個のダイヤモンドの原石を見つける為に旅をすることになります。
ここで大事なのは、「ダイヤモンドの原石があるかどうか」ではなく、”探す”ことに意味があるのです。

 ”探そう”と思った時点で、もともとなかったかもしれないダイヤモンドの原石がおぼろげに姿を現わしてくるのです。
街にレストランがあるのは”美味しい物を食べたい”という人がいるからです。
街に本屋さんがあるのは”知識を深めたい”という人がいるからです。

あなたが”自分の良い所を探したい”っていう気持ちがあれば、自然にダイヤモンドの原石屋さんというお店も出てくるのです。
あなたの思考も需要と供給で成り立っているのです。

ダイヤモンドの原石を見つけたら、光り輝くまで磨き続ける

長所を徹底的に伸ばす!

あなたはやっとの思いでダイヤモンドの原石を見つけることができました。
でも光り輝いてもくれない原石を持っていても、あなたは自信が持てないことでしょう。

ここから、あなたはひたすら磨き続けるのです。
一日では無理かもしれない。
ひょっとしたら1年や2年もかかるかもしれません。
だからこそ価値があるのです!
 

希少価値こそがあなたの評価を絶大にしていくのです。

あなたの持っている光り輝くダイヤモンドを、回りの人達は羨望の眼差しで見つめることでしょう。
あなたの欠点は、光り輝くダイヤモンドに隠れて周りから全く見えなくなるのです。
あなたはダイヤモンドのように”永遠”に自信を持ち続けることができることでしょう。
自信のない人だけではなく、ビジネスで成功を勝ち取りたい人にもお勧めです。

体が疲れやすい人は、マイナス感情をクリアにする

何か嫌な事があった時には、落ち込んだり悲しんだりして、物事を後ろ向きに考えてしまいがちです。
落ち込んでいるのだから、やる気が出ないのも当然かもしれません。

しかし、忘れてならないのが、怒り、憎しみ、恨みなどのマイナス感情です。
体が疲れやすいのは、不規則な生活や食事だけが原因ではありません。
むしろ、潜在意識を支配している感情の方が大きな影響を及ぼしています。

仕事中に

「今日はやる気がしないな~」

と思っていた人が、退社して友人と遊んだりデートしたりする頃には、体の疲れなど全く感じない事が多いです。
感情と体の疲れに密接な関係があるのは理解できると思います。

特に怒りの感情は、体の正常な機能を損なうので注意しなくてはなりません。
常に自然な感情でいることができればいいのですが、怒りの感情を抱え込むことが多くなると、それだけ無駄なエネルギーを消費していることになります。
部屋の中を掃除するように、心の中も定期的にマイナス感情を取り払うことをお勧めします。

気の弱さはプラス思考で克服できる!

「つい、相手の意見に従ってしまう」
「思っている事をハッキリ言えない」
「周りの人に気を使ってしまう」

という人は多いかもしれません。

他人の迷惑にはならないという点では良い事と言えるかもしれません。
しかし、心の奥底に眠っている人間関係での自信のなさや怯えが、そういった行動をとらせる一因になっているのかもしれません。

相手に何かを伝えようとする時に、自分の思った事が言えないのは、

”言葉”ではなく”感情”を伝えようとしているからです。

怒り、怯え、不安などの感情が言葉と共に相手に伝われば、必ず相手との関係がギクシャクしたものになってしまいます。

気の弱さ、対人恐怖、人間関係が苦手という悩みは、マイナス感情を綺麗に取り払うことで解決していきます。
まずは何よりも感情のコントロールを上手くできるよう習慣化することでしょう。

潜在意識が泣いて喜ぶ、正しいプラス思考とは?

例えば10万円が入った財布を落とした時

マイナス思考の場合(今よりも状況が悪化します)

財布を落とした時に普通はどんな気分になるでしょうか?
普通は誰でも、悲しい気分(マイナス)になると思います。
財布を落とした時(マイナス)に悲しんだり、悔やんだり(マイナス)すると運に見放されてしまいます。

寒い時(マイナス)に冷たいジュース(マイナス)を飲むようなものです。
あなたの体は冷え切ってしまいますよね。
最初の寒い状態がさらに寒くなり、状況が前よりも悪化します。

世間一般のプラス思考の場合(状況は何も変わらない)

財布を落とした時に、
「給料日も近い事だから、まあいいや」
「ちょうどいい機会だから財布を新しく買おう」
これが世間一般で言われているプラス思考です。
マイナス思考をしているわけではありませんが、プラス思考をしているとも言えないのです。

財布を落とした時に感じた悲しさ(マイナス)の対極である、喜び(プラス)という感情はそこにはありません。
簡単に言えば、悲しみでも喜びでもない中立的な思考です。

寒い時(マイナス)にぬるいジュース(冷たくもなく熱くもなく)を飲んでいるようなものです。
ですから寒い状態がそれ以上悪化することはありませんが、体が温まるわけでもありません。
(体には何も変化は起こらない)

本当のプラス思考の場合(劇的に状況が好転します)

財布を落とした時(マイナス)には、どうしても対極である喜ぶ(プラス)という思考をしないと、運(エネルギー)は発生しません。
喜びの伴ったプラス思考とは

「きっとお金に困っている人が財布を拾ったのだから、その人が救われて良かった。」

と相手に対して喜んであげればいいのです。
他者との繋がりをとても好むのが潜在意識なので、運(エネルギー)が発生して、あなたの願望が叶うようになります。

他人に対して喜ぶことができない場合は、「今の自分に対する大事なメッセージかもしれない、この先必ず良い事が起こるだろう」と感謝することでもいいのです。
 寒い時(マイナス)に暖かいコーヒー(プラス)を飲んでいることになるので、あなたの体には暖かいという変化が必ず現れます。
(望みを叶えることになります)

幸運の女神は感謝される所が大好き

辛い時にはプラス思考するのが自然界の法則です

「暖かさ」というのはマイナスとプラスを合わすことによって発生されるエネルギーです。
人間の目には見えませんが、誰でもその暖かさを感じることはできます。
 

思考の場合も全く同じで、マイナスの状況の時にプラス思考することによって、目に見えない「運」というエネルギーが発生しています。
世間一般で言われているプラス思考では何も変化は起きません(体が暖まらない)し、事態がそれ以上悪化しない(体が寒くならない)だけです。

寒い時(マイナス)には暖かい物(プラス)を飲むのが自然。
悲しい時(マイナス)にも喜ぶ(プラス)のが自然なのです。

マイナス思考で幸せを持続させることができる

マイナス思考の効果について、一般的な認識ではその大部分を否定的に捉えています。
しかしマイナス思考を覚えることによって、あなたの人生に適度な休息を与え、長い人生を幸せに過ごすことができます。

ここで言うマイナス思考とは、

昼間活動した(プラス)後の、夜の睡眠(マイナス)
1週間働いた(プラス)後の、休日(マイナス)
車を走らせた(プラス)後の、ブレーキ(マイナス)

 という具合に、プラスの後にマイナスを合わせることで、バランスを取ることを言います。

一切の睡眠をとらなければ死を迎えるだけとなり、休日がなければ体は極度に疲労して全く楽しみのない人生となり、ブレーキがなければ事故になるのも時間の問題になってしまいます。
 大きな病気、大きな事故、大きな災難を防ぐ為にマイナスの役割はとても大きなものとなっています。

その他にもマイナス思考の効果はたくさんありますが、幸せを持続させるという、とても大切な役割があります。
 

運が悪い人は自分の所に幸せが訪れたとしても、あなたが目を離したスキにすぐに幸せは通り過ぎてしまいます。
一方、運の良い人は幸せが訪れた時、長い間あなたの側から離れようとはしません。
 

良い事が起きた時(プラス)に、謙虚(マイナス)な気持ちで感謝することができれば、幸せは持続されます。
何故なら、幸せは感謝される場所をとても好むからです。

ですから、どんなに小さな出来事でも感謝できるようになれば、必ず次の幸福は訪れます。

借金があっても、

「ご飯が食べられるだけでも幸せだな~」

恋人と別れても、

「友達がいるだけでも幸せだな~」

・・・とそんなちっぽけな事に対してでもいいのです。
次の幸せを呼び込む為の種まきの役割を果たす事になります。
潜在意識からマイナス感情を追い払う効果もあります。

幸運の女神は感謝される場所を好むので、「次はもっと美味しいご飯を食べさせてあげようか」と考えます。
しかし、借金があっては美味しいご飯が食べられないので、必然的に借金を減らしてくれることになります。

幸せになるきっかけは、本当に小さな事から始まるのです。
運のいい人は、それが雪だるま式に大きくなっただけに過ぎないのです。

最後までお読み頂き、有難うございます。

Pocket

今すぐ人生を変えたいあなたへ!

「劇的に人生を変えるゼロの法則半日セミナー」を開催
大阪8/6(日) 東京9/3(日)

「開運の奥義」の記事が読み放題
最新記事「会社倒産からわずか2年で上場企業の副社長に!」

このブログは開運アドバイス、人生相談のアドバイス東京が運営しています

      2016/07/19

 - 潜在意識