運わるぅ.com

劇的に人生を変える、運が悪い人の為の応援ブログ

生きる意味がわからない人へ スピリチュアルメッセージ 

生きる意味ってあるのだろうか?

生きる意味って何だろう

「生きる意味」を考えた時、

壮大で哲学的でスピリチュアル的なものを感じてしまうかもしれません。

この運わるぅ.comでは、たくさんの記事があります。

そのほとんどが、目先の願望を叶えることに焦点を絞っています。

嫌いな人への対処法だったり、

金運をアップさせる方法だったり、

運を良くする方法だったり、

目先の問題を解決したり願望を叶えることを目的として記事を書いています。

しかし、ふとした時に「生きる意味って何だろう」って思う時がありますよね。

それは、

恋人に振られた時とか、

信頼している友人に裏切られた時とか、

仕事を辞めたくなった時とか、

癌であると知った時とか、

人生立ち止まる時っていうのは、一生のうちに必ず何度か訪れます。

「生きていてもつまんないな」「何の為に生きているんだろう?」って思った時、「生きる意味」について真剣に考える人もいるかもしれません。

「生きる意味」を知った時、もしかしたら生きがいを感じて、その後楽しい人生を過ごすことができるかもしれません。

仮に「生きる意味」がわからなかったとしても、わからないなりに人生を楽しむ術を身につけることだってできるかもしれません。

この記事では、「生きる意味」という壮大なテーマについて、その答えを提供するものではありません。

あくまでもヒントらしきものを書いていきますので、それらの事を皆さんが自分なりに当てはめて、意味を見つけて頂けたらと思います。

生まれてくる時にアンケート用紙に記入した人は誰もいない

いきなりですが、あなたはこの世に生まれてくる時に、希望や条件を聞かれたでしょうか。

例えば、

どんな国に生まれたいのか?

どんな容姿がいいのか?

性別は男と女どっちがいいのか?

人間かそれとも動物か?

魚に生まれて海で過ごしたいのか?

鳥に生まれて空を自由に飛び回りたいのか?

地球ではなく他の星に生まれたいのか?

全く戦争のない星に生まれたいのか?

戦国時代に生まれて天下を取りたいのか?

あなたは、この世に生まれてくる時に、上記のようなアンケート用紙に記入した記憶があるだろうか。

きっとほとんどの人は、何の希望も聞かれずに、この世に突然放り込まれたというのが現実ではないでしょうか。

早い話、有無を言わさず、この地球という星に放り込まれたわけです。

しかも、とんでもない両親の元に生まれたり、とんでもない貧乏な家に生まれたり、とんでもないブスで生まれたり・・・。

そんな時、自分の人生を呪ってしまうかもしれません。

そして、「生きる意味なんてない」って人生をあきらめてしまうかもしれません。

正直、あなたをこの世に誕生させた主というのは、とても不親切でとても不公平なことをする人であるとも言えます。

あなたが、喫茶店でコーヒーを頼んだら、「ホットにしますか?アイスにしますか?」と必ず聞かれるはずです。

しかし、人間が誕生する時っていうのは、コーヒーを頼むことよりも、もっともっと大事なことであるはずなのに、何の希望も聞かれないって、こんな理不尽なこともないですね。

そうなんです、そもそもあなたが生まれてくる過程というのは、とても理不尽でとても不親切なのです。

開運の奥義の記事が読み放題 アドバイス東京

あなたが生まれてきたのは、やっぱり偶然ではない

人間に生まれてきただけでも、ラッキーって言えますか?

この地球という星に生まれてくる時に、有無を言わさず

「容姿」
「国」
「性格」
「身長」
「体重」

などは、勝手に決められています。

そこには、本人の希望というものは、何一つありません。

もしかしたら、金持ちの家に生まれて、容姿端麗で、生まれてきた環境にとても満足している人はいるかもしれません。

しかし、そういった人たちは、ごく一部ですし本当に稀なことです。

私たちが生まれてくる過程というのは、こう考えてみると、とても理不尽であるとも言えます。

私のように考えるのは、たぶん極めて少数派だと思います。

普通は

「この地球に生まれてきたのは、とても素晴らしいこと」とか

「人間に生まれてきただけでも、ラッキー」とか

「生まれてくること自体、奇跡だよ」とか

・・・人間として生まれてくることは、とても素晴らしいことであると唱える人がたくさんいます。

だからこそ、「命あることに感謝して生きましょう」と、人生のどん底にいる時にそういったフレーズが目にとまりやすいです。

でも、よく考えてみると、この世の中はとても理不尽なことが多いですね。

会社で働く上司は暴言を吐いてくるし、

官僚の天下りは今でもあるし、

朝から晩まで働いているのに生活は楽にならないし、

自分の方が仕事ができるのに、同僚が先に出世するし、

正直者がバカを見たり、

一生懸命働いている人が過労死したり、

世界のあちこちでは今でも紛争が絶えないし、

・・・数え上げたらキリがないですね。

意外と人間の世界の方が残酷かもしれませんね。

動物の世界の方が、もしかしたら気ままに生きられるかもしれません。

人間はとてもちっぽけな存在

理不尽な世の中なんだから、「適当に生きればいい」そういう風に考えた方が楽に生きられるかもしれません。

特に運の悪い人にとっては、理不尽な目に遭ったことは数えきれないくらいあると思います。

理不尽な世の中なのだから、「生きる意味」を見つけること自体、無駄なのかもしれませんね。

でも、それを言ったらお終いになってしまいますね。

それでも、どうしても「生きる意味」らしきものを知りたいと思う人もいるでしょう。

地球や人間を美化し過ぎるから、「生きる」ことが辛くなってくるということもあります。

逆に地球や人間なんて、「たいしたことないじゃん」と否定的に捉えると、「自分」という人間が愛おしく大切な存在にさえ見えてくるかもしれません。

特に、理不尽な人が多い世の中ですから、自分の生真面目さは、尊敬に値することかもしれません。

世界の人口は、現在70億人だそうです。

あなたは、70億人のうちの一人という事になります。

あなた一人が欠けたって、この世の中の歯車が狂うことはありません。

あなたが会社を辞めても、会社の業績が悪化することはまずないでしょう。

一人一人の力というのは、本当に微々たるものです。

正直、私やあなたがこの世の中に、いてもいなくてもどちらでもいいのです。

私やあなたがこの世の中にいなくても、誰も困らないからです。

もちろん、あなたの家族は、あなたを必要としていますし、愛されていることでしょう。

しかし、運の悪い人にとっては、家族との間にも溝があることが多いので、一概にそうとも言えませんが。

そう、人間一人というのは、とてもちっぽけな存在なのです。

そのちっぽけな存在が、何故この世に誕生してしまったのでしょうか?

ちっぽけな存在ならば、そもそもこの世に生まれてくる必要はなかったとも言えます。

しかし、あなたは生まれてきてしまったのです。

という事は、あなたがこの世のに生まれてきたのは、全くの偶然ではないかもしれないですね。

 あなたの魂の波動が、今の現実を引き寄せている

ミクロ的には、あなたはとても大切な存在

ちっぽけな存在(一人の人間)がこの世に生まれてきた。

地球の人口70億人のうちの一人ですから、本当にちっぽけな存在ですね。

でも、結婚して妻も子供もいる一家の大黒柱となれば、その家族の中においては、なくてはならない存在であるとも言えます。

家庭を支える主婦にしても、料理や洗濯などの家事でとても大事なポジションにいるのでから、家族の中においては、なくてはならない存在であるとも言えます。

地球というマクロから見ると、人間というのは、ちっぽけな存在にはなりますが、ミクロ単位で見ると、ちっぽけな存在どころか、とても大切な存在であるとも言えます。

それならば、「生まれてきた意味」というのは、「家族の為に一生懸命頑張る」ということになるのでしょうか。

ちょっと違うような気がしますね。

でも、家族の為、会社の為、社会の為、自分の為に生きるというのも、とても素晴らしい生き方だと思います。

人間が生まれてくる時、必ずセットになっているものがあります。

それが「死」ですね。

「死ぬ」ことが前提で、あなたは生まれてきたわけです。

これまた、残酷な話ですね。

せっかく生まれてきたのに、「死ぬ」ことが前提だったなんて。

やっぱりここでも、理不尽な話が出てきましたね。

ただでさえ理不尽な世の中なのに、さらに追い打ちをかけて、寿命まで設定してあるなんて、ひどい仕打ちかもしれません。

その寿命というのは、自分で設定することは不可能ですね。

あなたは千年生きたいと思っていても、せいぜい人間が生きられるのは100歳くらいまでが限度です。

魂の波動を上げると、幸せになれる

ちっぽけな存在であるにも関わらず、私やあたなはこの世に生まれてきてしまったのですから、やはり「生まれてきた意味」というのは、何かありそうですね。

今まで、「理不尽な世の中」ということを繰り返し書いてきました。

突然、全く知らない世界に放り込まれた私たちですが、やはり意味があって放り込まれたと考えた方が良さそうです。

この世の中に起こる出来事に偶然はない・・・というのはこの世の中ではよく言われていることです。
「シンクロニシティ この世の中に起こる出来事に偶然はない」という記事も参照してみて下さい。)

実は、あなたの魂の波動と一致した環境で生まれてきたというのが、たぶん一番有力な説になります。

魂というのを信じる人もいるでしょうし、そんなの信じられないという人もいることでしょう。

魂の波動が高ければ、天国に近い環境で過ごすことができるかもしれませんが、逆に魂の波動がとても低ければ、地獄に近い環境で過ごすことになるかもしれません。

日本は幸い、安全で豊かな国ではありますが、世界では約9億人の人が飢餓で苦しんでいるというのが現状です。

上司に暴言を吐かれたり、リストラされたりといった理不尽さは、もしかしたらまだかわいい方なのかもしれません。

せっかく生まれてきたのに食べるものさえ確保できないなんて、これほど理不尽なこともないのかもしれません。

それこそ、「人間に生まれてきただけでも、ラッキー」だなんて、口が裂けても言えませんね。

もっと良い暮らしをしたい!ってほとんどの人が思っていることでしょう。

それを実現する為にはどうしたら良いのでしょうか。

やっぱり魂の波動を上げるのが一番の近道になります。

魂の波動を上げるというのは、早い話「運を良くすること」と同義語になります。

「運が良くなる」と、どんな生活になるのでしょうか。

苦労が少なくなる、

何をやってもうまくいく、

お金の心配もいらなくなる、

・・・などなどたくさんありますね。

 人は皆、生かされている

人は意識せずとも生きられる

「理不尽な世の中」で暮らしていると、

「もっと幸せになりたい」とか、

「争い事のない世界で生きたい」とか、

「公平な世の中になってほしい」とか、

「理不尽な環境から離れたい」とか、

色々な思いが出てきますね。

それでは、「理不尽な環境」から脱出する為にはどうしたら良いのでしょうか。

運の悪い人にとっては、ぜひ知っておきたいことだと思います。

「理不尽な環境」に放り込まれた人にとっては、切実な問題ですね。

実は、魂の波動を上げていくと、その人の環境というのは、どんどん良い方向に進むようになっています。

上に上がるのも、下に下がるのも自由自在です。

自分のことだけを考えて生きていくと、魂の波動は低下していきます。

逆に他人のことを考えて生きていくと、魂の波動は上昇していきます。

それでは何故、「魂の波動」を上げていくことが大切なのでしょうか。

また、何故他人のことを考えて生きていく事が大事なのでしょうか。

これを知るには、私たちの存在をとても小さなミクロ的(もしくはとても大きなマクロ的)な視点で見る必要があります。

私やあなたは、意識せずとも、「生きる」ことができます。

どんなに疲れていても、一晩寝れば疲れも取れるし元気になりますね。

一晩寝たからといって、そのまま死んでしまうという事は、あまり聞いたことがないと思います。

「頑張って生きよう」って意識しなくても、人間というのは、「食べ物」と「睡眠」さえあれば、なんとか毎日生きられるようになっています。

凄い便利な生き物ですね。

あなたは宇宙の一部という考え方

あなたは、毎日の呼吸を意識していますか?

意識して胃の中を消化していますか?

意識して尿を作りだしていますか?

意識して汗をかいていますか?

人間の体というのは、とても精密にできていて、全てのことを勝手に行ってくれています。

息を吐いたり吸ったりするのも、全ての人は無意識にやっています。

「僕は今、意識的に呼吸をしていますよ」という人がいたとしても、それを24時間できる人は皆無です。

私やあなたの魂が宿る器(体)というのは、コンピューター並みの出来栄えですね。

意識しないでも、勝手に全て行ってくれています。

この世の中は理不尽なことが多いかもしれませんが、あなたの体に限って言えば、これほど忠実に全てのことをこなしてくれているのは、本当に有り難いことです。

ご飯を食べて、毎日寝ることさえ怠らなければ、人間というのはだまっていても生きられます。

言葉を替えていうならば、「生かされている」と言った方がいいのかもしれません。

そうですね、

あなたは「生かされている」のです。

これが事実です。

あなたは、意識して生きているわけではないのです。

「生かされている」ということに気づくことが大事です。

あなたは、何故生きていられるのでしょうか。

人間には、60兆個ほどの細胞があると言われています。

地球という星には、70億人ほどの人間しか住んでいませんが、人間の体内にはビックリするほどの細胞があります。

一つ一つの細胞が元気でいられるからこそ、私たちは健康に過ごすことができます。

しかし、個々の細胞の活動が停滞してしまうと、人間の体にも異常をきたしてきます。

最悪な場合は、ガンにもなることがありますね。

一つの細胞を一つの人間として例えた場合。

一つの細胞が、毎日元気に活動してくれるだけでも、あなたの体はとても調子が良いはずです。

あなたも一つの細胞と同じで、ただ毎日精一杯生きるだけで、本当は十分なのです。

何故なら、あなたも宇宙の一部であるからです。

 人は皆、無意識の世界で生きている

他者に分け与える人は、さらに豊かになれる

あなたは、もしかしたら、人間の体内にある細胞と同じような役目なのかもしれませんね。

元気に活動してくれているだけで、それで十分だと言えるかもしれません。

それ以上望むことはないのかもしれません。

でも、一個の細胞だけが元気でも、他の細胞が全く元気のない状態だったら、どうでしょうか。

もしそれが、胃の中のだとしたら、胃の消化不良が起きたり胃がムカムカしたりして、体の調子は悪くなりますね。

他の細胞も元気であれば、胃の調子も良くなり、その胃の持ち主である人も毎日健康に過ごすことができます。

こう考えてみると、あなたはとてもちっぽけな存在ではあるけれど、この宇宙という広大な無限の世界では、きちんとした役目を背負わされていることになるのかもしれません。

ある人は胃の中の消化活動に携わっている一部の細胞であったり、

ある人は足の筋肉の細胞の一部だったり、

そんな風に、捉えることができれば、あなたはただ毎日元気に過ごすことが、「生きる意味」となるのかもしれません。

もし、贅沢を言うならば、あなたの身の回りにいる細胞(人間)をも元気にさせることができれば、あなたはその宇宙から絶大な信頼を得られて、富と幸せをたくさん与えられることでしょう。

細胞Aは幸せを他者にも分け与える人。

細胞Bは幸せを自分で独り占めする人。

もし、体内に食べ物が入ってきて、それが栄養素になって、体内にいきわたっていくと、その栄養素(お金や富や幸せ)のほとんどは、細胞Aに行くようになっています。

理由は、細胞Aにたくさん分配した方が、細胞Aの周りにいるたくさんの細胞も元気になるので、その細胞の主はとても元気に過ごすことができます。

しかし、細胞Bに栄養素(お金や富や幸せ)を分配しても、独り占めにしてしまうので、必要最低限の栄養素しか貰えません。

あなたは無意識に支配されている

あなたは、宇宙からみたら、細胞の一部である。

という考え方は、とてもショッキングなことかもしれません。

何故なら一般的には「人間は素晴らしい」というのが、通説になっています。

人間自体を「ちっぽけな存在」と定義づけている人はすても少ないかもしれません。

理不尽な世の中であり、

苦労の多い世の中であり、

思い通りにいかない人生であり、

そんな世の中に、何の承諾もなしに勝手に放り込まれたあなたなのです。

しかも、あなたの意思で生きているのではなく、「生かされている」のです。

あなたは、何らかの見えない影によって、操られているといっても過言ではないかもしれません。

あなたの意識など介在しない、この世界。

早い話、あなたは無意識(潜在意識)に支配されて生きていると言えるのかもしれません。

無意識というのは、宇宙が支配しているのかもしれませんし神様が支配しているのかもしれません。

ただ一つ言えることは、無意識(潜在意識)というのは、

感情によって意思疎通

ができるところだと言うことです。

それを信じるか信じないかはあなた次第です。

「生きる意味がわからない」

たぶん、ほとんどの人はそう思っていることでしょう。

意識の世界で生きるか、それとも無意識の世界にも目を向けて生きるか。

無意識の世界にコンタクトを取れる唯一のものは、「感情」です。

あなたがいつも心豊かな感情で過ごすことができれば、次回生まれてくる時には、きっと神様からアンケート用紙が手渡されることでしょう。

そのアンケート用紙にはたくさんの願いを書き込むことができます。

それは魂の波動が高くなった人の特権でもあります。

「生きる意味がわからない」

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

最後までお読み頂き有難うございます。

Pocket

今すぐ人生を変えたいあなたへ!

「開運の奥義」の記事が読み放題 ネット会員募集中!

「初心者の為の株式投資セミナー」

このブログは開運アドバイス、人生相談のアドバイス東京が運営しています

      2017/01/29

 - スピリチュアル