運わるぅ.com

劇的に人生を変える、運が悪い人の為の応援ブログ

「思考は現実化する」というのは本当か? 7/10UP

「思考は現実化する」というのは、本当か? 6/29UP

願望においても、市場原理が働いている

「思考は現実化する」というのは、かなりポピュラーな言葉ですね。

ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」という著書はかなり有名です。

私も過去に読んだ記憶があります。

同じくナポレオン・ヒルの「成功哲学」も良書だと思います。

「ゼロの法則」「思考は現実化する」は、似ていますね。

「思考は現実化するって、本当なのだろうか?」

「しかし全ての思考が現実化するわけではないと思うのだが?」

「思考について、もっと分かりやすく説明してほしい!」

そういった疑問や要望にお答えするべく、「思考は現実化する」についてわかりやすく説明していきたいと思います。

あなたは、「思考は現実化する」っていうのは、本当だと思いますか?

多くの人はあまり実感できていないのが現状ではないでしょうか。

しかし、「思考は現実化する」っていうのは、本当です。

やはり、明確な願望というのは持っておくべきですね。

この「ゼロの法則」にしても、先に願望ありきです。

「思考は現実化する」というのが本当なのであれば、イメージングを毎日熱心に練習して、さも自分の願望が叶ったかのようにイメージすればよいと考えがちですね。

このブログでは、「イメージング」については、あまり肯定的なことを書いていません。

何故なら、「イメージング」というのは、”願望(プラス)”を叶えるための“対価(マイナス)”を支払っていないからです。

何事もそうだと思いますが、何かを得るには、それなりの“犠牲”“対価”が必ず必要になってきます。

願望についても、市場原理が働いているということですね。

給料(プラス)を貰うために、労力(マイナス)を会社に提供するのと同じです。

毎日家の中にいて、楽をして給料をもらえるほど世の中は甘くないですね。

それと同じで願望実現においても、必ず対価が必要になります。

イメージングしても確信できない理由とは? 6/30UP

毎日熱心にイメージングをして、さも自分の願望が叶っているかのように潜在意識に擦り込ませようと努力している人は多いです。

しかし多くの人は、願望が叶うという強い確信を持ちつつ、不安や疑問も同時に抱いています。

ありありと鮮明にイメージングができたとしても、心の底からその願望が叶っているということが確信できない理由は、やはり“対価”を支払っていないからかもしれません。

しかしこの「ゼロの法則」は、マイナスという対価を支払った後に、プラス思考をするので、願望が叶うという強い確信を持つことができます。

実際、私がそうです。

「これだけ理不尽(マイナス)なことをされたのだから、願望(プラス)が叶って当然だ!!」と思えるようなります。

しかも、ワクワク感さえ持てるようになります。

このワクワク感というのが、ミソですね。

一般のイメージングの時には、ドーパミンが湧き出てきます。

「ゼロの法則」のワクワク感の時にも、ドーパミンが湧き出てきます。

ドーパミンという感情物質は、非常に強いやる気を引き出します。

また快楽に浸ることができるので、常習してしまうと麻薬と似たような感じになってしまいます。

一般のイメージングの場合、毎日毎日ひたすら願望が叶っている姿をイメージします。

毎日強いドーパミンを引き出し、麻薬を常習しているような危険性をはらんでいます。

「ゼロの法則」の時のドーパミンも同じです。

「ここでプラス思考をすれば、お金持ちになれるかも!」とか

「ここでプラス思考をすれば、理想の恋人に巡り合えるはず!」とか

その人なりの願望でドーパミンがどんどん湧いて出てきます。

しかしながら、願望がすぐに叶うことはありません。

皆さんも、経験があることと思います。

なかなか願望が叶わない。

そんな時、「元のツイてない人生に逆戻り」になるか、それとも「一瞬にして願望を叶える」のか、大きな岐路に立たされます。

人生の分かれ目となる思考を知りたいですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ナポレオン・ヒル思考は現実化する まんがで納得 [ 北田瀧 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/7/3時点)


「開運の奥義」の記事が読み放題 ネット会員募集中!

見返りを求めてプラス思考しても、全然構わない 7/1UP

願望実現のキーワードはワクワク感

“ワクワク感”

あなたは、日々どんな時にワクワクを感じますか?

デートの時。

趣味のゴルフをしている時。

お気に入りの映画を見ている時。

美味しいものを食べている時。

人それぞれ、いろいろなシチュエーションでワクワクを感じますね。

どれも皆、何かをしている時にワクワクを感じますね。

もしくは、妄想をしたり願望を思い浮かべるだけでも、ワクワクを感じたりすることはできます。

この「ゼロの法則」においても、キーワードは“ワクワク感”になります。

プラス思考をしても、願望が叶わない理由は、潜在意識にワクワク感を落とし込むことができていないからです。

私が苦しむこともなく我慢することもなくストレスもなく、簡単に禁煙ができてしまったのは、一度潜在意識にワクワク感を落とし込んでいるからです。

潜在意識=無意識なのですから、

たばこのことを、ずっと意識せず(無意識)にいられるわけです。

ですから、この「ゼロの法則」を極めていく上で重要なポイントは、どうやってワクワク感を作り出していくのか?ということにかかっています。

例えば、会社で、とても嫌な仕事を回されたとします。

絶対にやりたくない仕事なので、毎日が憂鬱だったとします。

そんな時に、「この仕事を喜んでやれば、○○になれるかも!!!」

という具合に、ワクワク感を作り出していくことが大切です。

その○○の中には、

「平社員から係長になれるかも!」

「課長になれるチャンスかも!」

「部長になれるチャンスかも!」

「重役になれるチャンスかも!」

「社長になれるチャンスかも!」

「転職できるチャンスかも!」

「大金が転がり込んでくるチャンスかも!」

という具合にして、ワクワクできるレベルというのは、その人によってまちまちです。

不可能な事を考えている人にしか、不可能な事は起こらない 7/2UP

ワクワクできるのであれば、どんな事を考えてもいいです。

もちろん、我欲100%でOKです。

最初から、「自分が嫌な仕事を引き受ければ、皆が楽になれるので、それでいい」という具合に、仏の心でいることは難しいです。

ましてや、そう思ってもワクワク感は創出されないことだと思います。

嫌なことがあったり、苦しいことがあったり、理不尽な目にあったりした時に、そこでなかなかプラス思考ができないのは、その見返り(宝物)を想像できていないからです。

その見返り(宝物)を想像できるようになれば、「ゼロの法則」の達人にどんどん近づいていくことができます。

ですから、ちょっと不可能かも?と思えるようなことを想像しても、全然平気なのです。

私の場合は、具体的なことを想像しなくても、

「この先、とんでもない事が起こるかも!!」

「運を頂く絶好のチャンスだ!」

と思うだけでも、ワクワクすることができます。

ワクワクすることができるのであれば、明確なことを考えなくてもいいのです。

不可能だと思えるような事を考えないから、

“不可能だと思えるような願望が叶わないのです”

不可能だと思えるような事でも、最初に思考していれば、それが叶います。

「思考は現実化する」というのは、本当だった! 7/3UP

思考さえすれば、あなたも女優になれる!

最初に願望ありきです。

私の場合、色んな仕事を転々としてきました。

そして、最後に到達したのが、新聞配達でした。

新聞配達を辞めた年に「本の出版」という雲の上の存在である願望を設定しました。

翌年その願望は叶いました。

願望を設定したからこそ、その願いが叶ったわけです。

もちろん、本の出版ができたという初歩の願望が叶っただけで、その内容などについては私の思いと大きな開きがありました。
(開運や自己啓発のことを書きたかったのですが、初回の1冊目は株式投資の本になりました。)

もしこの「ゼロの法則」を知らなかったり、実践したりしていなかったら、「本の出版」ということすら頭の中に浮かばなかったことと思います。

何故なら、本屋さんに置かれているような本を書ける人達というのは、完全に“別世界”の人だと思っていたからです。

普通の主婦やサラリーマンが、

「売れっ子の歌手になるわ!」

「俳優になりたい!」

というほぼ不可能な願望を設定するのと同じです。

仮に不可能だと思えるような夢でも、その夢を頭に思い浮かべない限り、その夢が叶うことはありません。

私の場合、新聞配達に限らず、宅配便のドライバー工場での作業など、主に肉体労働がメインで長年働いてきたので、「本の出版」というのは、本当に絶対に不可能に近いレベルの願望だったわけです。

でも「本の出版」という奇跡が起きてしまいました。

理由は「思考が現実化」したからですね。

長年、専業主婦をやってきた人が、ある日突然「女優になるわ!」という願望を設定すれば、女優になれてしまいます。

しかし、冷静に考えたら、「それがほぼ不可能」だと誰もが考えます。

私の当時の状況も、それに似ています。

起こっている事実は一つ。でも、捉え方は二通り。 7/4UP

「高いレベルの願望を設定する」

きっとあなたは、高いレベルの願望を設定していないことだと思います。

私が、不可能だと思えるような高いレベルの願望を設定した理由は、
「ワクワクできるから!!!」です。

身近な事でワクワクできる事がなかったら、不可能だと思えるような夢や願望でもいいから設定してしまえばいいのです。

そうする事によって、眠っている潜在意識をフル回転させ、願望達成に向けてその能力を全開にすることでしょう。

とにかく「ワクワクできたもん勝ち!」です。

やはりワクワクできない事には、朝も早く起きれないし苦難を乗り越えることもできないし、自分自身を突き動かす燃料がありません。

それでは、「ワクワクするきっかけ」はいつ与えてくれるのでしょうか?

それがマイナスの出来事ですね。

通常、毎日満たされた生活をしていると、危機感もなく成功したいという欲もなくなり、いつのまにか現状に満足してしまうようになってしまいます。

しかし、危機感があると、「なんとかしなければ!」という強い思いが湧き出てきます。

基本的に私も、危機感がないと現状に満足してしまい、向上心や心の成長には目を向けなくなるかもしれません。

「本の出版」という宝物を頂く直前には、対価(マイナス)を支払っています。

それが、株での300万という損失です。

表から見たら、300万という赤字ですから、ただの哀れなマイナスの出来事です。

しかし、裏から見たら、プラスの出来事だと捉えることができるようになります。

起こっている事実は一つです。

しかし、その捉え方は人それぞれで、千差万別です。

起こっている事実を裏から見る人は、なかなかいないですね。

裏から見るのが、「ゼロの法則」です。

お昼と夜では、景色が全く違うように、現実の世界も同じです。

マイナスの出来事の後には、宝物が目の前を通り過ぎる 7/5UP

対価を支払えば、不可能な願望も叶えられる

それでは、ワクワクできる事なのであれば、本当に何でもありなのでしょうか。

一度も野球をしたことのない普通のサラリーマンが、イチロー選手に憧れて「大リーグで活躍できる選手になりたい!」と思ったとしても、本当にそれは絶対に不可能に近い願望かと思います。

やはり、いくらワクワクできる願望を設定しなさい、と言われても、それ相応の適正な範囲というものがあります。

それでは、私の場合、

何のスキルもなく、

出版社にコネもなく、

文章を書いたこともなく、

肉体労働ばかりしていたにも関わらず、

「本の出版」というのは、絶対に不可能な願望だったのではないのでしょうか。

実は、本の出版というのは、適正範囲内の願望だったわけです。

理由は、株で300万の損失という、対価(マイナス)を支払っているからです。

私の場合、「対価を支払っているのだから、この先とんでもない事が起こって当然!」という確信があったので、ワクワクしながら「この先何が起こるのか?」を考え抜きました。

「出版できたらいいな」というあやふやな思いではなく、

「これで出版できるんだな」という揺ぎ無い確信というものがありました。

“期待”をするのと“確信”するのとでは、全く違います。

すでに対価(300万の損失)を支払っているのだから、「本の出版ができても不思議ではない」と心の底から思えるようになりました。

運がない人はマイナス感情に振り回される 7/6UP

しかし、世間の大多数の人は、株の損失に限らず大きな不運に見舞われてしまうと、

いつまでも嘆き悲しむ人

愚痴を言い続ける人

責任をまわりの人に押し付ける人

不甲斐ない自分を責める人

という具合に、ほとんどの人はマイナス感情を持ったままです。

特に運がない人は、マイナス感情に振り回されてばかりいます。

マイナス感情を持ったままだと、目の前のチャンスを拾おうとすることすら頭に中に浮かばないです。

例えば喫茶店で、ボッーと外の景色を眺めているだけだったら、目の前に赤いポルシェが走っていたとしても気がつかないことでしょう。

マイナス感情で心がいっぱいになってしまうと、そうなってしまいます。

当然のことながら、私だって本の出版というのは、絶対に頭の中に思い浮かばないことでしょう。

マイナスの出来事の後には、必ず宝物が目の前を通り過ぎます。

これは、本当のことです。

しかも有難いことに、目の前を何周かしてくれます。

宝物に意識していないと、ほぼ間違いなく見逃してしまいます。

運の研究をする以前の私は、いつも宝物を見逃していました。

マイナス感情をずっと引きずっていたのですから当然です。

理不尽なことが起こったり、

災難に巻き込まれたり、

給料が大きく下がったり。

マイナスの出来事が起こったら、こう思えばいいのです。

「対価(マイナス)を支払ったんだから、大きな見返り(プラス)があって当然だわ!」

こう思えるようになったら、その人の人生は劇的に変わっていきます。

何故なら、「思考は現実化する」からです。

しかも、確信できるようになったら、変化のスピードが格段に速くなっていきます。

潜在意識に幸福感を植えつけるには? 7/7UP

ありがとうを言い続けても、疲労感が増すだけ

人間の思考っていうのは、本当に大事です。

その人の人生を決定付けてしまうほどの、絶大な影響力があります。

「苦しい」って思えば苦しい現実が作り出され、「幸せ」って思えば幸せな現実が作り出されます。

しかし色々な本の影響やネットの情報に振り回されて、間違ったことをしている人が多いのも事実です。

その一つに「アファメーション」肯定的な言葉の連呼というのがあります。

「幸せ」って思えば幸せな現実が作り出される。

もしそれが本当ならば、毎日「私はとても幸せ」という言葉を繰り返せば、必ず「幸せな現実」が作り出されるということになります。

しかしながら、実際にはそんなに単純なものではありませんし、その通りになるわけではありません。

もし疑問に思う方がいるのであれば、毎日「私はとても幸せ」と言いつづけてみるといいです。

確かに、言葉というのは大事ですけど、それ以上にもっともっと大事なものがあります。

それが“感情”ですね。

「幸せ」って思えば幸せな現実が作り出される。

これは本当のことです。

しかし、「幸せ」っていう感情にならない事には、幸せな現実が引き寄せられることはないです。

ですから、「私って、幸せ幸せ幸せ。」と連呼しても、人間の感情としては、「幸福感」よりも「疲労感」の方が大きいのではないでしょうか。

ここに気づいていない人がとても多いということです。

また、「私って、幸せ幸せ幸せ・・・・・・・。」と何百回も連呼してしまうと、そこには疲労感を超えて、焦りすら見えてきてしまいます。

本当に心の底から「幸せ」って思えればいいのです。

しかも、その「幸せ」っていう感情を潜在意識に強くインプットすることが大切です。

私が今、全く苦労なくたばこを吸わないでいられるのは、潜在意識に「たばこを吸わないことはとても幸せな事なんだよ」と強くインプットすることができたからです。

苦しみの後だからこそ、幸福感は潜在意識にハッキリ記憶される 7/8UP

「今はとっても幸せだ~」と心から思うことが大事です。

そしてそれを潜在意識が“ハッキリ”と認識できればいいんです。

花火を見て「綺麗だな~」って感動できるのは、”夜空(マイナス)”にハッキリと鮮やかに映るからですよね。

背景が暗いからこそ、誰の目にも「綺麗だ!」と感動を与えることができます。

皆さんの頭の中にある潜在意識も全く同じなんです。

幸福感(明るさ)の背景が不幸や苦しみ(暗さ)だからこそ、その幸福感が際立ってハッキリと目立ちます。

目立てば目立つほど、それを潜在意識に強く擦り込むことができます。

私も「ゼロの法則」を実践している間に、アファメーションをしていた時期がありました。

理由は、自分の運をもっともっと良くしたいという思いからです。

貪欲ですから、運が良くなると思えば私は何でも一通りは実践してみます。

アファメーションをしても効果らしい効果はほとんど感じられなかったので、やめました。

しかし、アファメーションを否定しているわけではありません。

ある時期においては、それなりの効果を発揮します。

それは、気持ちが不安定な時や運の悪い時には、自身の気持ちを正常に保つ為には必要かもしれません。

子供が自転車にうまく乗れなくて、補助輪をつけて走るのと似ています。

しかし、ある程度自転車に乗れるようになると、補助輪が必要でなくなるのと同じで、ある程度運が良くなってくると補助輪の役目を果たすアファメーションは必要でないどころか、邪魔な存在でしかなくなりますね。

ですから、ある程度運が良くなってきている人は、アファメーションは必要ないということです。

強力に“幸福感”を潜在意識へ植え付けるには、不幸(マイナス)の後が一番効果的です。

だからこそ、悩み(マイナス)は天からの贈り物なんですね。

幸せを求めすぎると不幸になる? 7/9UP

不幸な時に喜ぶと奇跡が起きる

幸福感というのは、誰でも持つことができます。

美味しいデザートを食べて、「あ~、幸せ~」と思う人もいることでしょうし、

好きな彼とデートをして、「あ~、幸せ~」と思う人もいることでしょう。

どちらも幸福感に浸ることができますね。

しかし、美味しい食べ物を食べて、「幸せ~」って思えるのは、正直誰でもできることですね。

ただ素直な気持ちになればいいだけのことですから。

しかし、あなたは、現実を奇跡的に変化させたくて、このブログで勉強されているのだと思います。

私も、現実を亀のような歩みで変えていくのは、正直嫌です。

どうせ変わっていくのなら、劇的に感動的に変えていきたいです。

「幸せ~」って思えない(マイナス)時に、「幸せ~」と思える(プラス)からこそ奇跡が起きてしまうんですね。

これが「ゼロの法則」の極意中の極意です。

また、夜空が暗ければ暗いほど、花火の綺麗さは際立ちますね。

不幸な時に喜ぶ。

これで奇跡が起きるようになります。

特別な才能は、全く必要ありません。

人がこの世で生きていくって、実際辛いことが多いかもしれません。

幸せだと思えることよりも、苦しくて悲しくて泣きたくなるような事の方が多いかもしれません。

考え方によって、人生は決まってしまう。

というのは本当だと思います。

特に“感情”については、何度も口を酸っぱくして解説しています。

「幸せになりたい!」、

「いつも幸せでありたい!」、

ひょっとしたら、不幸の源となる考え方というのは、「幸せ」を求めすぎることなのかもしれません。

何故なら、人生はいつも期待を裏切られることの方が多いと思うからです。

受け入れると悩みは消える 7/10UP

「受け入れると悩みは消える」

というのは「ゼロの法則」の格言の一つでもあります。

「受け入れる」というのは、マイナスの出来事や現実をそのまま受け入れてしまうことです。

そのマイナスの現実を受け入れてしまうと、一生マイナスの現実が続いてしまうのではないかという思いにとらわれてしまう人も多いことかと思います。

しかし、実際には「マイナスの現実」を受け入れることによって、そのマイナスの現実を経験することはなくなります。

その理由は心の中からマイナスの“感情”がクリーンになってしまうからです。

マイナスの現実を受け入れてしまうと、心の中は意外と晴れ晴れするものです。

そのクリーンになった心が、そのままクリーンな現実を引き寄せることになります。

ですから、「受け入れる」というのは、「開き直る」ということでもあります。

「苦しいな、辛いな」と思ったら、一回その現実を受け入れてしまうことです。

そうすることによって、プラス思考がしやすくなります。

例えば、給料がカットされて家計が苦しくなったのなら、

「この先給料がもっと下がったらどうしよう」

と不安に思うのではなく、

「給料がカットされても、質素に暮らせば十分に生活できるわ」

という具合に、マイナスの現実を受け入れてしまうことです。

すると、心の中から「不安」などのマイナス“感情”が消えていくので、それ以上マイナスの出来事が起こることはなくなります。

最後までお読み頂き、有難うございます。

Pocket

今すぐ人生を変えたいあなたへ!

「開運の奥義」の記事が読み放題 ネット会員募集中!

このブログは開運アドバイス、人生相談のアドバイス東京が運営しています

      2017/07/12

 - ゼロの法則