運わるぅ.com

劇的に人生を変える、運が悪い人の為の応援ブログ

正直者はバカを見るって本当か? 10/30UP

正直者はバカを見るって本当なのか? 10/24UP

正直者は「金の斧」がもらえる

正直者がバカを見るっていうのは、本当なのでしょうか。

世の中っていうのは、不公平なことだらけですし、平気で嘘をつく人も多いです。

この世の中というのは欲にまみれた世界ですので、自身の損得を第一に考えている人がほとんどです。

自身の名誉や財産などを守る為に、平気で嘘をつく人はたくさんいます。

そんな中にあって、世の中には「正直者」もいます。

あまりにも正直な人を「バカ正直」と言いますね。

世の中というのは、ある程度ずる賢く生きた方が、楽に生きられるのかもしれません。

あまりにも「バカ正直」だと、損をすることの方が多い場合もあります。

あなたは「金の斧」という童話を知っていますか。

小学生の頃に、一度や二度童話で読んだことがあるのではないでしょうか。

話の内容は、

きこりが使い古した汚い斧を川に落としてしまい、そこに神様みたいな人が現れて、川の中から斧を見つけてくれるという話です。

そして、神様が「落としたのはこの金の斧か?」と尋ねると、きこりは正直に「違う」と答えます。

そして今度は「落としたのはこの銀の斧か?」と尋ねると、きこりはまた正直に「違う」と答えます。

最後に、きこりが本当に落とした斧を神様が見つけてきて、「落としたのはこの斧か?」と尋ねると、きこりは「そうです」と答えたそうです。

神様は、きこりの正直さに感動して、結局は金と銀の斧をあげたという話です。

実は、「正直者は得をする」というのが、「ゼロの法則」の教えでもあります。

理由は、正直にお話することで、目に見える世界で損をするからです。

でも、この世で一番大事なのは、見えない世界なのです。

正直者は目の前の損得に振り回されない 10/25UP

「正直者は損をする」という人がたくさんいます。

実際、正直者であるがゆえに、損をした人もいることでしょう。

しかし、そもそも「損」をしたと言っても、

立場上不利になったり、

嫌な思いをしたり、

仲間外れになったりとか、

あまり重大なマイナスに発展することは珍しいです。

損をすることを覚悟で、「正直さ」を貫くのであれば、あなたはきっと成功の道を歩み続けることでしょう。

「ゼロの法則」では、「正直者が得をする」と言いました。

本当でしょうか。

「正直さ」を貫き通すことによって、心の中からマイナス感情をクリアにすることができます。

いつも「正直」でいると、後ろめたさなどのマイナス感情を持たなくなります。

そして、逆に自分自身に「自信」が持てるようになります。

弱い人間というのは、嘘をついて自分を良く見せようします。

虚栄心というやつですね。

「正直」でいることに対して、

「自分は損をしているのではないだろうか?」

「適当に嘘をついて世渡り上手になった方がいいのでは?」

「本当の事を言って失敗したかな?」

という具合に、心の中で迷いが生じていることが問題なのです。

迷いがなければ、「正直者」というのは、本当に運の良い人になれます。

理由は「正直さ」を心に誓うことで、目の前のマイナス(試練や不遇な事)を受け入れる決心ができるからです。

心の強い人間になることができるわけです。

目の前の損得に振り回されることなく、自身のやりたい事に意識を向けることができるようになります。

そして、結果的にあなたは「金の斧」を手に入れることできます。

正直者は、周りから信用されるようになる 10/26UP

車に傷をつけたら、あなたならどうする?

正直者は、運がいいというのは、本当です。

もしかしたら、あなたは「正直」だった為に、色々な面で損をしてきたかもしれません。

そして、周りの人は平気で嘘をついているにも関わらず、普通に幸せに暮らしていることに、疑問を抱いているかもしれませんね。

そう思いたくなる気持ちはよくわかります。

「正直者」というのは、確かに「正直」であるがゆえに、その場では損をすることが多いです。

しかし、あくまでも、マイナスはその場だけです。

そのマイナスがそれ以上拡大することはありません。

逆に、そのマイナスが、プラスとなって返ってくるようになります。

例えば、会社の車を運転していて、電柱にぶつけたとします。

幸いスピードが出ていなかった為、軽い傷で済みました。

この場合は、あなたならどうするでしょうか。

正直に上司に報告するでしょうか。

それとも、黙っているでしょうか。

軽い傷なので、黙っていれば、誰にも気づかれないかもしれません。

そう思うと、黙っていた方が得をするかもしれませんね。

もし、正直にお話しすることで、「弁償」ということもありえます。

仮に軽い傷だったとしても、部品そのものをそっくり取り換えなければらなないケースもあるので、意外に修理代が高くつくということもあり得ます。

そう考えると、上司に報告するのも、躊躇してしまうかもしれませんね。

こんな場合、黙っていると得をするのかもしれません。

そして、正直にお話することで、「修理代」を請求されて損をする可能性もあります。

もし修理代を請求されたら、やはり「正直者はバカを見る」ということになってしまうのでしょうか。

正直者はイメージで見られる 10/27UP

「修理代で何十万も取られたらどうしよう」

「上司に怒鳴られたらどうしよう」

「今後の出世に響いたらどうしよう」

「車に乗らなかったと嘘をついたらどうだろう」

人間ですから、色々な思いが交錯するはずです。

場合によっては、本当に修理代が何十万も取られるということもあり得ます。

そう考えると、正直に報告するのを躊躇してしまう人もいるかもしれません。

しかし、目先の利益より将来の利益を優先するべきです。

正直に報告した方が、後々に利益となって返ってくる場合が多いです。

仮に、車をぶつけた事を正直に報告したとします。

本当に修理代を弁償するハメになったとします。

しかし、あなたはそこで大きなモノを得ることになるのです。

それが「信用」です。

人間として生きていく上で、一番大事なのは「信頼関係」です。

相手を信頼できるからこそ、色んなことを頼めます。

大事な仕事を頼まれるかもしれませんし、

大事な話をあなただけにこっそり話してくれるかもしれませんし、

正直に報告してくれる。

というのは、色んな面でプラスの評価になります。

「あなたは正直者だ」と思われたら、あなたは相手から良いイメージで見られるようになります。

ここが大事です。

あなたという人間は、「イメージ」で見られてしまうのです。

「正直者」というイメージで見られると、仮に何らかの不都合な出来事に巻き込まれた場合でも、あなたが「私はやっていません」と言えば、相手はすぐにその言葉を信用してくれます。

何故なら、「正直者」というイメージで見られているからです。

一回、そういうイメージで見られると、とても楽なんです。

一度イメージ付けされたら、良い人間を演じる必要はない 10/28UP

人間というのは、他人に対して「イメージ」で見ることが多いです。

「イメージ」で見られることほど、楽なことはありません。

例えば、相撲。

相撲をする力士は皆、太っていますね。

横綱や大関にでもなれば、他の力士を圧倒するほどの力があるので、人気者になります。

太っている横綱を見て、「デブ」というイメージで見る人は、ほとんどいませんね。

横綱を見て、逆に「強い」とか「かっこいい」というイメージで見る人は多いかもしれません。

どんな分野でもそうですが、ある程度のレベルまで行くと、マイナスイメージは払拭されて、プラスのイメージだけで見られるようになります。

でも、力士でもない一般人でかなり太った人を見ると「デブ」というイメージで見る人はいます。

しかし、横綱とか大関とかになると、そういったマイナスイメージで見られることはありません。

また、「オタク」という言葉には、あまりいい響きはありません。

家にこもりがちで、ある分野に傾倒し過ぎる人を「オタク」と呼ぶ場合が多いです。

しかし、コンピューターの分野で名を馳せて、活躍できれば、それはもう「オタク」ではなく憧れの対象となってしまいます。

何を言いたいのかというと、あなたが「正直者」だったとしても、中途半端な「正直者」であれば、良いイメージを周りの人に植えつけることはできません。

「正直者」に徹底すれば、あなたはもう普通の人はではなく「正直者の〇〇さん」というイメージで見られるようになるのです。

こうなったらしめたものです。

あなたはもう、「良い人」を演じなくても、勝手に周りが「良い人」と見てくれるようになるのです。

成功や幸せは、種を蒔いた者にしか訪れない 10/29UP

他人に優しく、自分に厳しく

嘘を平気でついて、世渡り上手な人もいます。

そういった嘘をつく人が、社会の中で隔離されて、生きづらい人生を強いられているかというと・・・、実際はそうでもないですね。

意外と、仲間も多く、会社の中でも、普通に働いています。

そんな人を見て、「正直者って、損なだ」と、あなたは思うかもしれませんね。

いくら「正直者は運がいい」と言っても、時と場合によりけりです。

例えば、なかなか彼氏ができない友人に「彼氏ができない」という悩みを打ち明けられた時に、

「あなたは、太っているし顔もブスだし、性格だってちょっと癖があるし・・・。」と正直にお話するのが、「正直者」ではありません。

相手が不快に思うようなことを言わないのが、一つのルールでもあります。

実際、太っていても、ブスでも、性格が悪くても、恋人のいる人はたくさんいます。

ですから、「彼氏ができない」というのは、そういった問題以外にもあるのかもしれませんね。

「正直者は運がいい」といっても、

相手が嫌がることは言わない。

しかし、自分が損することは勇気をもって話す。

というのが、「運のいい正直者」になります。

他人には優しく、自分には厳しく。

カッコイイ正直者ですね。

ただし、いくら他人に優しくと言っても、自分の子供を甘やかして育てるというのは、違います。

本来、相手の為になることだと思うのであれば、将来を見据えて厳しく育てたり、時には正直に相手の欠点を指摘したりすることも大事なことです。

後ろめたさのない人生が、幸せを引き寄せる 10/30UP

「正直者」になるには、意外と勇気が必要になってきます。

自分自身に正直でいる為に、一見マイナスと思えるようなことでも、正直に話すことはとても勇気のいることです。

「正直者」になる為には、一見マイナスに見えるような目の前の出来事に対して、不安にならないことです。

「正直」を貫き通すことによって、仮に目の前にマイナスの出来事が起こったとしても、それを嘆かず、受け入れるようにして、次の飛躍の種とするべきです。

人間が飛躍していく為には、その前に必ず種(マイナス)が必要になってきます。

実りの収穫(プラス)が訪れるのは、その前に種を発芽させたりして色々な苦労(マイナス)があってこそです。

ですから、マイナスの出来事を必要以上に嘆き悲しまないことです。

小さな種(マイナス)をたくさん蒔くことによって、その後に色んな面で成功することができます。

成功者や真の幸福者は、そうやって小さな種(マイナス)蒔く術を知っています。

逆に、いつも不運に苛まれ、幸せな人生にならない人というのは、小さな種(マイナス)を蒔くことを嫌います。

何事の世界でもそうですが、必ず何らかの成功を勝ち取ろうと思ったら、必ず投資は必要になってきます。

株や不動産の世界で大成功しようと思っても、その為には元手となる資金が必要です。

ビジネスの世界においても同じです。

ビジネスの世界に限らず、あなたの人生も全く同じなのです。

ですから、「喜んで正直者」になって、小さな損(種)を蒔いていけばいいのです。

人間、「後ろめたさ」のない人生って、心の中がとてもスッキリします。

「後ろめたさ」というのは、心の中に微妙にドンヨリとした気持ちにさせます。

しかし、「後ろめたさ」のない状態というのは、雲一つない快晴の天気です。

その心の中を、忠実に再現してくれるかのように、現実の世界もスッキリとしたものになります。

心の中と現実の世界は、密接な関係があります。

それはもう「引き寄せの法則」などを知っているあなたなら、ご存知のはずですね。

最後までお読み頂き、有難うございます。

Pocket

今すぐ人生を変えたいあなたへ!

「開運の奥義」の記事が読み放題 ネット会員募集中!

「初心者の為の株式投資セミナー」

このブログは開運アドバイス、人生相談のアドバイス東京が運営しています

   

 - ゼロの法則