運わるぅ.com

劇的に人生を変える、運が悪い人の為の応援ブログ

努力したくない人必見!感情の恐るべきパワーとは?

感情をコントロールできれば、別次元の世界を体験できる

東大に合格する為に、必要な事とは?

運っていうのは、誰もが興味を持っています。

運を良くして、幸せな人生を歩みたいと誰もが思います。

プラスの現象を引き起こすには、必ずマイナスの現象を経験せねばなりません。

これが、いわゆる「ゼロの法則」です。

対極であるプラスマイナスは、とっても仲良しですね。

対極と言えば、男性女性も恋をして惹かれあいますし。

磁石のN極S極も、強力に引き合いますね。

一日は、とのセットですし。

暖かい日もあれば寒い日もあります。

貧乏な人もいれば金持ちの人もいます。

スタイルがいい人もいれば、太っている人もいます。

私たちが住んでいるこの世界というのは、対極のものだらけですね。

プラスの現象を経験したいのであれば、マイナスの経験を前もってしておくというのは、ある意味とても自然なことなのではないでしょうか。

例えば、東大に合格するという願望(プラス)があるのであれば、どんなマイナスの経験をしなければならないでしょうか?

遊ぶ時間を惜しんで勉強したり、

眠たいのを我慢して勉強したり、

見たいテレビを我慢して勉強したり、

これらは全て、その人にとっては、マイナスの経験になりますね。

何故なら、「我慢する」というのは、マイナス感情になるからです。

マイナス感情というのは、他にも色々あります。

実は、運というのは、人間の感情と深く結びついているのです。

頭の中に電流が走ってしまうような衝撃的な話とは?

運というものを自由自在にコントロールするには、この「感情」について深く知らなければなりません。

逆を言えば、「感情」に意識し、「感情」をコントロールできるようになると、別世界の現実を体験することができます。

と言っても、具体的な話をしないと、なんとなくイメージが沸かないと思いますが、この話を知ってしまったら、皆さんの頭の中に電流が走るかもしれません。

前もって言っておきますね。

この話を読んで、倒れてしまっても、私は責任を持てませんので。

私がこの運(ゼロの法則)というものに対して虜になってしまったのは、頭の中に電流が走ってしまったからです。

しかも、一回だけではなく、何度か電流が頭の中を駆け巡りました。

何故、頭の中を電流が走ったのか?

その理由は、これからお話する知識は、どの本やサイトを調べてみても載っていない情報だからです。

初めて聞くお話ですから、ビックリするかもしれません。

この世の中には、自己啓発系の本やサイトはいっぱいありますので、「感情」について色々書いてあるものもたくさんあります。

特に「引き寄せの法則」では、感情に留意していますね。

「引き寄せの法則」の凄いところは、やはり「感情」というものにスポットを当てて、願望実現の核心に近づいていることにあります。

しかし、「感情」についての知識としては、残念ながら完璧ではありません。

それよりも、皆さんが知りたいのは、頭の中に電流が走ってしまうという、衝撃的なお話ですよね。

その話を知ってしまったら、私と同じように、運の虜になってしまうかもしれません。

感情についてもっと詳しく知りたい人は、こちらでどうぞ。
「開運の奥義」の記事が読み放題 アドバイス東京
 

感情が刺激されると、とんでもない現象が引き起こされる!

潜在意識というのは、感情そのもの

頭の中に電流が走るような話って、どんな内容でしょうか?

感情については、「引き寄せの法則」などでクローズアップされてきたので、感情の重要性について知っている人は多いと思います。

しかし、感情の重要性を知っていたとしても、感情の恐るべきパワーについては、あまり知られていませんね。

願望実現には、感情が大事であるという話はよく聞きます。

または、感情ではなく「潜在意識」という言葉に置き換えることもできるかもしれません。

よく、「潜在意識を活用して願望を叶えましょう」というのを見かけますが、潜在意識というのは、実は感情そのものです。

「引き寄せの法則」に限らず、あらゆる願望実現法で提唱しているのは、”心地よい感情”というものです。

しかし、残念ながら、心地よい感情だけでは、願望は叶いません。

そうハッキリと断言できるからには、それなりの知識が必要になってきます。

話が長くなるので、ここでその理由を述べるのは、控えておきます。

まずは、頭の中に電流が走ってしまうような話をしておきましょう。

例えば、仕事についてお話します。

朝から晩までアルバイトをして、お金を稼いでいる男性がいるとします。

仮に時給1000円で10時間働けば、一日1万円の給料になりますね。

働いて稼ぐというのは、時給・日給・月給に関わらず、一日拘束されて働かなければなりませんね。

これが会社で働いて稼ぐ一般的な例だと思います。

しかし、感情を利用すると、もっと簡単に稼ぐことができてしまうのです。

努力という概念は捨てた方がいい

感情を利用してお金を稼ぐなんて、そんな話は聞いたことがないですね。

でも、これができてしまうからこそ、感情というのは恐るべきパワーを持っているのです。

現実を一瞬に変えてしまうほどのエネルギーを感情は持っています。

その感情の恐るべきパワーを知っている人は、この世の中にはあまりいません。

「仮に時給1000円で10時間働けば、一日1万円の給料になります。」

これが常識的な概念ですね。

しかし、もしこの男性が、ある出来事をきっかけに”感情が刺激”されたのであれば、一瞬で1万円を稼ぐことができます。

もしかしたら、アルバイトからいきなり正社員を通り越して課長にくらいなることだって可能です。

でも、一般的にそのような出世は、物凄い努力をしないと絶対に無理だと思われていますね。

絶対に無理だと思ってしまうのは、目に見える現実の世界だけで頑張ろうとしてしまうからです。

しかし、目に見えない潜在意識(感情)の世界を利用すれば、いとも簡単に願望が叶ってしまうのです。

世間一般的には、努力という概念が出世や幸福に必要なことだと思われています。

しかし、

努力という概念は捨てた方がいいです。

もちろん、一生懸命頑張って努力することは大事ですが、この世の中には努力しても結果が出ない人はいっぱいいます。

また仕事に限らず、人間関係でも、”感情”を利用することによって、とんでもない現象を引き起こすことが可能です。

「嫌いな人を目の前から消す」ということだって、簡単にできてしまいます。(興味のある人は『人間関係の悩みにピリオド 嫌いな人を目の前から消す方法』を参照)

「そんなの絶対に無理!」と思っている人は、一般常識の世界にどっぷりと浸かってしまっているからです。

また、今までそんな事誰も教えてくれないので、そのような知識を知らないのは無理もないかもしれません。

怒りの感情は、ミラクルを起こす絶好のチャンス!

人間のできる事には限界がある

いままで感情についてお話してきましたが、ここまで感情について熱く語る人はいないかもしれませんね。

でも、

人間の努力でできる事には、限界があります。

その限界を突破するには、どうしても”感情”というツールを使わなければなりません。

“感情”にスポットを当てているのが、この「ゼロの法則」になります。

今まで仕事と人間関係の効果について、ちょっとだけお話しました。

しかし、この「ゼロの法則」というのは、病気やお金や恋愛などあらゆる願望実現に効果を発揮します。

たまたま、仕事の例が一番わかりやすいので、仕事の話をしました。

働いて稼ぐというのは、一日働いてお金を貰うというのが一般的なものですね。

時給1000円で10時間働けば、1日1万円になりますね。

でも、ある出来事をきっかけに”感情が刺激”されれば、あっという間に1万円を稼ぐことができます。

しかも、一瞬にして現実を変えてしまうことができてしまいます。

朝から晩まで働かなくても、1万円稼げてしまうのです。

いやもしかしたら、1万円という金額では収まらないような奇跡だって体験できます。

これが感情の恐るべきパワーです。

“感情が刺激”されるというのは、一体どういうことなのでしょうか?

目に見えない世界で努力すれば、目に見えない力が働く

感情というのは、本当に願望実現に即繋がります。

これから少しずつ、仕事の話を例にして、感情の恐るべきパワーについてお話していきます。

以前、努力という概念は捨てた方がいいと書きましたね。

努力というのは、ほとんどの人は汗を流して動くことだと認識していることだと思います。

でも、違う形での努力というのもあります。

それが、”感情”です。

 あなたが認識している努力というのは、”目に見える世界”での努力です。

これからお話するのは、”目に見えない世界”での努力です。

ほとんどの人は、目に見える世界で頑張ろうとするから、目に見える範囲内での常識的な結果しか残す事ができないのです。

しかし、

目に見えない世界で努力すれば、必ず目に見えない力が働いてくるのです。

目に見えない力が働けば、奇跡も簡単に起こせるようになります。

それが人間関係でいえば、「嫌いな人を目の前から消す」という現象です。

1日1万円アルバイトで稼いでいた男性が、上司に次のようなことを言われたとします。

「申し訳ないけど、明日から30分早く出勤してくれないかな。
社員が辞めたので、掃除とか開店準備とか色々やってほしいんだ。」

そしてこの男性は1ヶ月以上もの間、30分早く出勤して仕事をしました。

しかし、給与明細を見てびっくりしました。

30分早く出た分の給料が支払われていなかったのです。

上司に報告したところ、「掃除とかは仕事の業務には入らないから、給料は出せない」と言われました。

しかも、「あんたの代わりはいくらでもいるから、掃除が嫌なら辞めてもいいんだよ!本来であれば、1時間早く出てきてほしいところを30分短くしてるんだから、逆に有難いと思えよ」とまで言われました。

この男性、悔しくて腹の中が煮えくり返ってしかたがありません。

頭の中は、怒りの感情でいっぱいです。

でも、実はこれが大チャンスなんですね。

「え~!!!これが大チャンス?」って、あなたは思いますよね。

感情の恐るべきパワーを体験できる絶好の機会です。

初めて聞く話なので、あなたの頭の中はパニックかもしれません。

エネルギー(運)を発生させるには、摩擦が必要

マイナスから目をそらすのが「引き寄せの法則」、マイナスに立ち向かうのが「ゼロの法則」

前回は、ある男性が30分早く出勤しているにも関わらず、給料に全く反映されず、上司に報告したところ、「嫌なら辞めればいい」と理不尽なことを言われた話をしました。

こういうケースは特に珍しいことではなく、仕事に限らず日常生活を普通に送っていても、そのような事はよくあることです。

世の中、不公平な事や理不尽な事は、本当にたくさんありますね。

普通であれば、

会社を退職するか、

渋々仕事を続けるか、

のどちらかが多いですね。

世の中には、我慢を強いられて仕事をしている人はいっぱいいます。

しかし、こんな状況が、実はチャンスだとしたら?

こんな理不尽な出来事に遭遇したら、普通は怒ったり憎んだり悲しんだりして、精神的に大きなダメージを受けますね。

こんな理不尽な状況が大チャンス???

これが「ゼロの法則」になります。

「ゼロの法則」っていうのは、感謝してプラス思考するのがメインだから、「引き寄せの法則」に似ていると思われるかもしれません。

「引き寄せの法則」では、こんな状況の時に、どうするでしょうか?

マイナス感情になるのを避ける為に、マイナスから目を反らすのが一般的かもしれません。

しかし、「ゼロの法則」は「引き寄せの法則」とは全く違い、マイナスに正面から立ち向かいます。

「ゼロの法則」というのは、全く異なる対極のモノ同士を結びつけて、エネルギーを発生させ、願望を実現させるというものです。

ある意味、異色の考え方でもありますね。

しかし、本当に、この男性に、絶好のチャンスが巡ってきたのです。

願望実現のチケットを手に入れたようなもの

理不尽な出来事に遭遇して、我慢を強いられて仕事をしている人は、世の中にいっぱいいますね。

でも、そんな状況が絶好のチャンスだとしたら?

こんな教えは聖書にもないし、世の中に溢れている自己啓発系の本にも、ほとんど書かれていないですね。

「絶好のチャンス!」だとしたら、なんだか気分がワクワクしてきませんか?

よく考えてみてください。

(マイナス)の次には必ず朝(プラス)が来ます。

コインの裏(マイナス)をひっくり返せば、表(プラス)になります。

千円(マイナス)も出せば、美味しいラーメン(プラス)だって食べられます。

何を言いたいか、わかるでしょうか?

宝物(プラス)を得る為の権利を与えられたことになるのです。

飛行機で言えば、遠くの目的地(夢や願望)に行くまでの、チケットを貰ったことと同じです。

早い話、願望実現はもう叶う寸前まで来ているのです。

しかし、ほとんどの人はそんな事を知らないので、泣き叫んだり、不満を言い続けたり、落ち込んで鬱になったり、怒ってイライラしたりして、その状況に対して、ずっと抵抗し続けます。

抵抗し続けると、精神的ストレスが増大して、いろんな事に影響を及ぼします。

病気になったり、仕事を辞めたり、家族ともめたり・・・、本当に苦しみからなかなか抜け出せないようになります。

しかし、抵抗するのではなく、ただ「受け入れる」という選択をするようになると、現実というのは、劇的に変わってくるようになります。

しかも、ただ変わるのではなく、“劇的”に変わります。

何故なら、“エネルギーを発生”させているからです。

エネルギーを発生させているのですから、この世の中に新しい現実を創り出すのも難しいことではありません。

エネルギーを発生させるには、全く異なる対極のモノを合わせて、摩擦を生じさせなければなりません。

それは、電池のプラスマイナスだけに留まらず、頭の中でも同じような事が起こっているのです。

汗水流す努力と感情をクリアにする努力のどちらを選択するか?

最短で願望に辿り着ける

エネルギー(運)を発生させるには、異なる対極のモノを合わせて、摩擦を生じさせなければなりません。

エネルギーを発生させることができる。

というのが、感情の凄いところになります。

電池のプラスマイナスで発生する電気と同じように、頭の中のマイナス感情プラス感情を合わせることによって、運というエネルギーを発生させます。

上司に理不尽な事を言われたアルバイトの男性は、怒りという気持ちが収まらないことでしょう。

きっと、上司の顔を見るのも嫌になるかもしれません。

でも、「ゼロの法則」(運の世界)では、こんな場面は絶好のチャンスになります。

世間一般の人は、こんな場面に遭遇したら、チャンスという概念は全くないですね。

しかし、ここで「喜んで受け入れる」ことを実践すると、奇跡が起こるようになります。

普通であれば、もっと時給のいい会社を探したり、人間関係の良い所を探したり、残業のない所を探したりするかもしれませんね。

または、正社員になれそうな会社を探したり、起業して成功を目指したり・・・。

ほとんどの人は、

視点を他に向けてしまいます。

もしくは、酒を飲んだり趣味に没頭したりするかもしれませんね。

しかし、こんな理不尽な場面で、上司とまっすぐ向き合うことができた人は、最短で自身の願望にたどりつくことができます。

思考は現実化するは本当

アルバイトの男性は、上司に酷いことを言われましたね。

きっと心の中は、怒りの感情で煮えくり返っているかもしれません。

この「大きな怒りの感情」は、実は大きなエネルギーを発生させる元となります。

その怒りの感情が大きければ大きいほど、とてつもなく大きな爆発力を秘めています。

現実を変える一つの方法は、「転職」をして今の職場から離れることですね。

ほとんどの人は、この「転職」という選択を繰り返します。

でも、この「怒りの感情」をクリアできた人は、大きな宝物を得ることができます。

それは、その人にとって一番都合の良い現実が創り出されます。

一日汗水流して一生懸命頑張ることを、努力と言うかもしれませんね。

しかし、

「怒りの感情」をクリアすることも、努力ということになります。

どちらの努力も、その人にとって何らかのメリットをもたらすことになります。

一日汗水流して働けば、それなりの報酬を手にすることができる事でしょう。

そのかわり、一日会社で時間も拘束されます。

一方の「怒り感情」をクリアできた人は、一瞬にして一日の報酬の何倍もの宝物を得ることができます。

「怒りの感情」をクリアすることも、大きな努力になります。

ほとんどの人は、「怒りの感情」をクリアすることを拒みます。

何故なら、理不尽な相手を許そうなんて、それこそ腹の虫が収まらないからです。

相手を許すくらいなら、転職した方がましと考える人が大半です。

しかし、エネルギー(運)を発生させることができるようになると、別次元の世界を体験することができます。

果たしてどんな別次元を体験できるのでしょうか。

それは、あなたが一番叶えたいと思っていることが現実として創造されます。

これは本当の話です。

何故なら、「思考は現実化する」からです。

成功者は「運が良かったから成功できた」と言う

わずか10分で理想の会社に転職できる

この「ゼロの法則」というのは、「引き寄せの法則」に似ているようですけど、全く違いますね。

何故なら、「ゼロの法則」では、

「マイナス感情に意識せよ!」

と言い、

「引き寄せの法則」では

「マイナス感情に意識するな!」

と言います。

「マイナス感情は宝物である」という概念は、そもそも「引き寄せの法則」にはありません。

前回も言いましたように、エネルギー(運)を発生させることができるようになると、別次元の世界を体験することができます。

運を発生させることができるようになると、本当に今までとは違った現実を創造することができます。

アルバイトから正社員になったり、

理不尽な事を言った上司が、一転低姿勢で接するようになったり、

もっと待遇のいい会社に転職できたり、

その人にとって、一番理想としていた現実が創造されます。

しかも、そんなミラクル的な出来事が創り出されるにも関わらず、それに費やす努力は、時間にしてわずか10分もあればできてしまいます。

わずかたったの10分で理想の会社に転職できてしまうのですから、こんなに美味しい話はないですね。

その10分というのが、エネルギー(運)を発生させる為の思考の変換に費やす時間です。

もし、あなたが理想の会社に転職しようと思っていて、その為に費やす努力といったら、どのくらい時間が必要でしょうか?

転職先をあちこち探したり、

履歴書を何枚も書いたり、

何社も面接に行ったり、

10分どころか、1週間以上かかりますね。

人によっては、1ヵ月以上もかかります。

それに比べたらわずか10分で、理想の現実が創り出されるのですから、やっぱり感情は恐るべきパワーを秘めていますね。

多大な労力を使っても、幸せになれるとは限らない

転職しようと思っているあなたは、

資格を取る為に、6ヶ月や1年も費やして頑張って勉強するかもしれません。

または、新たなスキルを身につける為に、専門の学校に通う人もいるかもしれません。

または、コネを頼りにたくさんの人に良い仕事がないか声をかけまくるかもしれません。

理想の会社に転職するといっても、多大な労力を必要とします。

しかも、

多大な労力を使ったからといって、必ずしも良い会社に転職できるという保証はどこにもありません。

でも、ほとんどの人は、この労力を使うことに意識します。

というか、別な方法を知らないというのが現状です。

あなたは、このブログを読んで、新たな方法を知ることになりました。

とてもラッキーかもしれません。

人生を楽しく幸せに生きていくにも、知識や知恵が必要です。

知っているのと知らないのとでは、人生の幸福度も全く違ってきます。

多大な労力を使って転職するか、

それとも、わずか10分で運を発生さて楽に転職するか、

どちらがいいかは、明白ですね。

世の中の成功者のほとんどが、

「運が良かったから成功できた」

と言います。

どんなに実力があっても、運のない人が成功することはありません。

よくよく考えてみると、この構図は、会社の組織を上手く現わしています。

会社の社長は、たくさんの給料を貰っているにも関わらず、日中は接待ゴルフをしたり夜は高級クラブで飲み歩いたり。

一方、末端で働く人は、安い給料で朝から晩まで働かされます。

今は残業代の出ないところもあるので、サービス残業を強いられている人もいるかもしれません。

朝から晩まで働いたり、長期間にわたって努力したりすることが正しいと思い込んでいる人は多いですね。

でも、わずか10分でそれらの努力をはるかに凌ぐ成果をあげることができます。

それが感情の恐るべきパワーなのです。

上司の理不尽な言動を許すとどうなるのか?

運の良い人も心の中では苦労している 

運が良いとか、

運に恵まれているとか、

強運だとか、

運について深く考えた人はあまりいないかもしれません。

運が良くなるっていうのは、どういう事なんでしょうか?

それを端的に表しているのが、前回の『多大な労力を使って転職するか、それとも、わずか10分で運を発生さて楽に転職するか』という話です。

運の悪い人は、転職するにしても、多大な労力を使います。

一方、運の良い人は、苦労なく楽に転職できてしまいます。

しかし、「苦労なく楽に」転職できているように見えても、実際には心の中で苦労(マイナス感情を味わう)されているのが現実です。

その心の中の苦労を知らないので、周りの人は皆、「あの人は、苦労せずに楽しく人生を過ごしている」というイメージを持ってしまうのです。

「わずか10分で運を発生させて楽に転職する」

これが運の良い人の特権になります。

こんな話、始めて聞く人が多いと思うので、ビックリされるかもしれません。

エネルギー(運)を発生させるというのは、こういう事を言うのです。

努力とは全く違う次元のエネルギー(運)を発生させることができるのが、感情の凄いところになります。

あなたは、上司に理不尽な事を言われました。

腹の中が煮えくり返って、家に帰ると無意識にうちに、上司の顔や言葉が浮かんできます。

こうなってしまうと、相当なストレスを抱えることになってしまうので、精神的に病んでしまうか、病気になってしまう可能性だってありえます。

心が広くなると、上司よりも偉くなれる

 理不尽な事を言われて、腹の中が煮えくり返る。

これがエネルギーを発生させる元(燃料)になるわけです。

こんな話を聞くのも、たぶん始めての人が多いことでしょう。

しかし、知っておいて損はないので、信じるか信じないかは別として、知識として頭に中にインプットしておくといいかもしれません。

何でもそうですが、エネルギーを発生させるには、その為の燃料が必要です。

対極の感情同士を合わせることでエネルギー(運)が発生します。

ですから、運の良い人というのは、基本的に頭の中で、マイナスの感情プラスの感情を無意識のうちにかけ合わせているのです。

マイナスとプラスという、全く異質のものが、かけ合わさることで、必ず摩擦が生じるようになります。

その摩擦がエネルギーを発生させています。

ですから、上司に対して腹の中が煮えくり返っている状態(大きなマイナス)の時に、対極の感情である、「喜ぶ」「楽しい」といった感情を掛け合わせることによって、大きなエネルギー(運)が発生することになります。

この時に発生されたエネルギー(運)というのは、努力といった概念とは全く違う世界を創造してくれます。

一瞬のうちに、願望が実現してしまいます。

エネルギーが発生するのですから、願望が実現しても全く不思議ではないですね。

上司の理不尽な言動を許せる人は、俗に言う、器の大きい人とか、心の広い人と、言われるものです。

皆さんの周りにも、器の大きい人や心の広い人がいると思いますが、ほとんどの人は、非常に運がいいというのが、近くにいてもわかると思います。

器の大きい人は、それほど努力しなくても、会社ではそこそこのポジションにいる事は珍しくありません。

もしあなたが、上司の理不尽な言動を許すことができたら、

必ずあなたは、その上司より偉くなることができます。

「え~、そんなの嘘だ!」って思いますよね。

でも本当にそうなるのです。

引き寄せの法則の盲点とは?

「ゼロの法則」は自然の摂理そのもの

 「ゼロの法則」というのは、今までにない願望実現法であり、また普遍的な自然の摂理でもあります。

もう少し大局的に言うと、宇宙の絶対的な法則を、人間の日常生活に応用できるように具現化したものでもあります。

今はスピリチュアル的な話は省きます。

それよりも、まずは目先の願望を叶える方法や、目先の悩みを解決する為の方法やヒントを知りたいですよね。

「上司の理不尽な言動を許すことによって、上司より偉くなれてしまう!」

こんな話今まで聞いた事がないので、あなたはビックリされるかもしれませんね。

エネルギー(運)を発生させるというのは、既存の概念で説明するのはとても難しいことかもしれません。

普通に考えると、上司より偉くなる為にはどうしたら良いでしょうか?

昇進試験に合格したり、

仕事で成果を残したり、

人脈を築いたり・・・。

物凄い労力が必要となってきます。

そして、一番頑張って努力したものが、偉くなれると誰もが思います。

昇進に限らず、この世の中の仕組みは、とても不公平というか、納得できないものがいっぱいあります。

しかし、

不公平な世の中だからこそ、努力以外のものが尊重されるのです。

イメージングをしただけでは願望は叶わない

今まで感情について、色々お話してきました。

感情については、「引き寄せの法則」などでも、かなり注目されています。

しかし、感情をコントロールすることで、「エネルギー(運)」が発生すると明言している人は、残念ながらいません。

巷では、よく「潜在意識を活用して願望を叶えましょう」と言われています。

その潜在意識を活用するというのは、早い話、“感情”の活用のことを言っています。

よく言われているのが、「鮮明なイメージングをすれば、100%願い事が叶う」的なことです。

でも、それは大きな間違いです。

イメージングしただけでは、残念ながら願望は叶いません。

未だに、その間違った情報が世の中には溢れています。

また、「引き寄せの法則」のように、「つねに心地よい感情でいれば、望むものは引き寄せられる」という教えもあります。

心地よい感情になるだけでは、残念ながら願望は叶いません。

潜在意識というのは、非常に大事ですが、もう少し奥まて突っ込んだ事をしないと、願望が叶うというレベルまではいきません。

“感情”というのは、非常に大事です。

ただし、イメージングや引き寄せの法則では、“プラスの感情”だけに焦点を絞っています。

これが願望を叶える為の、

決定的な盲点

になっているのです。

マイナス感情の役割というものが、残念ながら理解されていません。

感情についても、プラスマイナスのバランス(調和)が上手く保たれていることが非常に大事です。

この調和が崩れていると、何をやっても上手くいかないという事になるのです。

感情のバランスを上手く整えることができれば、ほとんどの願望が叶うといっても過言ではありません。

最後までお読み頂き、有難うございます。

 

Pocket

今すぐ人生を変えたいあなたへ!

「開運の奥義」の記事が読み放題 ネット会員募集中!

このブログは開運アドバイス、人生相談のアドバイス東京が運営しています

      2017/09/07

 - ゼロの法則